カーブスエッセイ大賞2019結果発表

作品詳細

佳作

「私にとってのカーブス」

キティママ様(57歳) カーブス平和堂水口(カーブス歴:7年2ヵ月)

 カーブスに通い始めて7年が経ちました。旅行や家の事情で行けない時以外は、平均して月8回から10回ほど行っています。
 自分では成果というものはあまり実感していないのですが、一緖にゴルフに行く友達が「18番ホールまで来ても元気やね、前はヘトヘトやったのに。」と言われて、そう言えば体力がついたかなとも思います。
 しかし、入会の第一の目的「やせたい」と言う目標は全然達成されません。
 それなのになぜカーブスに行き続けるのか。たった30分の運動と言いつつ、行き帰りの時間、人が多いと待つ時間、着がえる時間、仕事帰りだと早く帰りたいと思うときもあったり、次の予定があるときも、少しの時間を見つけては、カーブスに通うのはなぜ?
 先日運動をしながら改めて考えてみた。
 1つは、多くの刺激を受けに行くということ、93歳で元気に運動されている方をはじめ、輪になって運動している23人の方々を見て、刺激を受ける。あの方は私よりも年上だと思うけど、すごく素敵に見える。服装や髪型、一番目が行くのはスタイル、あんな風にきりっとした後ろ姿になりたいとか、ウエストの上のたっぷりしたお肉、私はどう?と思いつつ。こんなことを思っていると知ったら、少々マズイかも・・、やせたいと思いつつ、おいしい物に手を伸ばしてしまう私を戒め、あんな風になりたいというモデルをさがす。
 2つ目は、日常とはなれた空間で、自分と向き合えること。家のこと、仕事のこと、やらなくてはならないこと、そんなことがリセットされたようにすっきりする。行くときは、面到くさいなと思ってても、帰るときはすっきりする場所。もちろんコーチに元気をもらったり、多くの人と知り合いになったりする場ではある。成果の見えない計測だけど継続は力、これからも通いつづけたいと思っています。健康な毎日を送るため。

感動したら、シェアボタンを押してください