カーブスエッセイ大賞2019結果発表

作品詳細

佳作

「生まれてはじめてのマラソン大会に出る決意ができたカーブス」

智子様(38歳) カーブス御殿場(カーブス歴:11ヵ月)

 カーブスに通い始めて、まもなく1年となろうとしています。
体調の良い日は2周があっという間、今日はちょっと...という日は「まだ1周終わらないのー...」と体の正直ぶりを日々感じています。
 カーブスを始めてよかったこと。
①腰痛がなくなった
②体が柔軟になった
③運動するのが億劫でなくなった
④減量できた

①長年悩まされていた腰痛が全然感じなくなりました。朝、腰が痛くて目が覚めるような事が今は全くありません。ヘルニア経験者ですが、経過は良好です。②カーブスとは別に腰痛緩和のため、週1ホットヨガに5年近く通っています。以前は全然とれなかったポーズが今ではできるようになりました。
③運動するのって、着替えたり靴や水着を用意したりと色々億劫な事が多いのですが、カーブスは気軽に行ける点で私にはとても合っています。

そして④について、これからちょっと詳しく書こうと思います。
 近年、社会で叫ばれている「WLB(ワークライフバランス)」仕事と生活の調和。私の勤めている会社も例外ではなく取り組みはじめました。週に1度定時の日が設けられたり、残業時間の上限が定められたりしています。あいた時間、余暇で何をするか。私がすぐに思い浮かんだのは「なまった体を動かそう」でした。
カーブスに通い始めて1ヵ月後の計測の時、体重の変化こそありませんでしたがサイズに大きな変化が見られ、コーチにも褒められました。
「ちょっと通っただけで、こんなに成果が出るんだ!」私の過信がはじまります。この辺りから、通っている事をよしとして、「好きなものを好きな時に好きなだけ」食べちゃう生活が始まりました。
 半年後の2018年年末、その結果は数字だけでなく見た目にも表れてしまいます。なんの気なしにとった写真「え、私、こんなデブなの??」と自分でびっくりするほどの姿がそこにありました。
毎年4月に友人たちが沖縄の小さな離島のマラソン大会に参加しています。マラソンも去ることながら、何より終わった後の島をあげてのお祭りが楽しいのだとか。私も行ってみたいなー。と思いながら、マラソンを走る勇気もなく思うだけで早10年、カーブスに通い、体力もついてきて、調子に乗っていた通いはじめの頃、軽い気持ちで友人に伝えていた「来年は私もマラソン大会出たいな」の台詞は冗談半分ではありましたが友人がしっかりと覚えていて、年末の忘年会で「来年はサトコも伊江島マラソン出るんでしょー??」とみんなの前で言われてしまいました。もう逃げも隠れもできない!なんとかしなければ!と思っていながらも「トレーニングは年明けから~」なんて思ってやりすごしていました。
そんな矢先にもう一つ、背中を押す大きな転機となったできごとがありました。職場で行っているダイエットプログラムへの参加の決意でした。参加条件は「BMIが23以上」私は今までBMIが23以上になったことなんてありませんでしたが、「好きなものを好きな時に好きなだけ」の生活の結果、気づいたら人生最大体重、そしてBMIも23を超えていました。恥ずかしいことに参加条件をクリアしていました。
 このダイエットプログラムというのは、チームを作ります。週に1回職場の保健室で保健師さんと共に計測をします。その結果をチームで共有します。共有する事で一人で頑張るよりも大きな結果が得られる。というものです。3カ月で3kg減を目標に職場のメタボおじさまたちと4人で頑張りました。
マラソン大会もダイエットも宣言したからにはやらないと!今まで、食事は全然気をつけていなかったのに、たんぱく質とカロリーを意識して日々食事をとる。カーブスは一周だけでも時間ができたら行く。そして2km強のジョギングを週に2~3回。これを年末から行う事で、みるみる間に体重は落ちていきました。今までどれだけ自分がさぼっていたかを知ることになりました。メタボおじさまたちはもっと結果が顕著に表れて、どんどん痩せていきました。
マラソン大会で走るのはたったの・・・3kmですが、生まれて初めてのマラソン大会で私は今、とても緊張しています。・・・というのは、このエッセイの締切がまだ大会前なので、結果をここに書けない事が残念です。
 現在、私の2kmジョギングは練習当初よりもタイムがあがり、体重も職場のダイエットプログラムで目標にしている3カ月で3kgはとっくにクリアして、無事に達成賞の図書カードを頂く事ができました。年末のダイエット開始から4月初旬の現在までは5kgの減量に成功しました。
「少し痩せたんじゃない?」と周囲に言われる事も増えました。おかげさまでチーム全員、目標はクリアしました。みんなで励ましあって、おすすめのダイエット食なども共有しました。男性にはすすめられないけど、カーブスに通っていることも公表していました。「そんなに頑張っているんだ!」とおじさまたちや保健師さん、産業医の先生にもほめられました。
3カ月、毎週行っていた計測で大きかったのは体重減、体脂肪率減、筋肉量増!!これはまぎれもなく、カーブスでの運動習慣のおかげです。「今日はめんどくさいな、行きたくないな」と思うこともありますが、月の目標回数を自分で決めるというのも原動力になっています。
 無事に3km走れたら、これからも短距離のマラソン大会には時々エントリーしようかな。そうしないと多分、また運動しなくなっちゃうなー。と今はそんな先の事まで考えています。
そして、毎年6月にある職場での健康診断は、毎年憂鬱なのに、今年は今から楽しみです。カーブス、職場、自分、3人4脚で3カ月頑張れました。これが私の「WLB(ワークライフバランス)」です。これからもよろしくお願い致します。

感動したら、シェアボタンを押してください