カーブスエッセイ大賞2019結果発表

作品詳細

佳作

「カーブスとわたし」

チコ様(36歳) カーブス巣鴨(カーブス歴:1年10ヵ月)

 私がカーブスに通い始めて、2年弱になります。
 数年前に体調を崩してしまい、自分のベスト体重から20キロ増えてしまったことで、30代にして、膝や腰が痛むようになってしまいました。整形外科にかかって、痛み止めやしっぷを処方して頂いても根本的な解決にならないなあ...と悩んでいたわたしに、先生から「カーブスに通ってみては?」とアドバイスがあり、引越しをきっかけにカーブスに通ってみることにしました。

 最初は、上手く馴染めるだろうか、そもそも続けられるか、など心配がありましたが、最初はほぼ毎日通い、今は週に2、3回で通えています。いつも家事などを済ませてから、カーブスへ行っていますが、すごくいい生活のリズムが出来ています。また、体重は激減ではないものの、筋肉がついて冬場のひどい冷えが改善されたり、長い時間歩くことも苦でなくなりました。

 家族や友人からは、「姿勢が良くなったね」「おなかがすっきりした」など褒められ、「頑張ってね!」と励まされます。
 カーブスで挨拶やたわいもない話ができるコーチやメンバーさんたちの存在も、わたしにはとても大切で、人生の先輩方とも筋トレを通じて仲良くなれました。引越ししてまだ知り合いの少ないわたしですが、カーブスではもちろんメンバーさんは街中ですれ違っても声をかけてくださいます。何気ないことかもしれませんが、とても心強く嬉しいことです。

 これからも、筋トレの大切さを痛感しつつ周りにも勧めたり、筋トレの大切さを伝えながら、なが~くカーブスと付き合っていけたらなと思っています。

感動したら、シェアボタンを押してください