カーブスエッセイ大賞2019結果発表

作品詳細

佳作

「カーブスに通っていてよかったと思った瞬間」

志賀子様 カーブスイオンモール日根野(カーブス歴:9年9ヵ月)

 実は、去年の7月18日(水)の朝、カーブスさんに、行こうと思いまして、泉砂川の駅につきまして、右側と、左側の腕(手)に荷物を、ぶらさげてました。そして、階段の15段上から、ころげ落ちました(ホームへと、)その時、はいていた靴は、高さ3cmの高さのあるものでした。ちょっと調子にのってました。年令も忘れてました。以後、自分の身体を思い大切にするように、しました。私も、びっくり、大きな病院でレントゲンとりますと、小指が、骨接してました すぐに、ギブスを作って下さいまして、帰りは歩きにくくて、車にのり、(タクシー)で!!2ケ月は、かかると言われてました。
 近くの病院へ移動して、「リハビリ」に通いました。紹介状を書いて下さいました。カーブスさんは、休みました。身体は元気なのに、足の具合が悪いので、不便でした。
そして、松葉ヅエで、歩く練習をリハビリの中にとりいれて、大変でしたが、早くなれて、出来るようになりました。いつもカーブスさんで足と、腰を動かしてるので、普段から鍛えていたお陰です。うまれて始めての経験です。松葉ヅエを使って、なんと一人で、立ち上がり左足に負担かけて、(右足に負担かからぬように、)立ったり座ったりして、ギブス付けたまま出来たので、びっくりしました。私自身やっぱり、カーブスさんの素晴らしいところを、心より、思いました。筋肉を、沢山つけていたので、助かりました。突然にこんな事になりまして、ショックでした。でも思いなおしますと、やっぱりカーブスさんのお陰と、思いまして、嬉しく思い、心から、お礼申し上げます。
 今の病院(リハビリ)で骨密度を、調べて頂きましたら、なんと若い人以上と言われまして、私も驚きました。つらい日々も、のりこえて、わりと早くに、カーブスさんに行けるようになりました。又、カーブスさんの友人に、励まされて、私自身前向きにむかって、日々励みました。そして店長(コーチ)に、リハビリ終わりそろそろカーブスさんに行けるかなと、思って、相談すると、医者からokでていたら、早くに来て下さいと言われまして、次の週には、行きました。
 気持が、落ちこんでましたが一度に明るく、前の自分に、戻りました。メンバーさんが、どこか、悪かったのと、聞いて、下さいまして、お声を、かけて下さいまして、嬉しく思いまして、前の私に戻って、明るく過ごして、おります 私にとって、カーブスさんは、とても大切な、ところ。日々感謝しかありません。有難うございました。

感動したら、シェアボタンを押してください