健康・運動・食のマガジン~ムリしない!ガマンしない!50代からの健康応援サイトbyカーブス~

【管理栄養士監修】豆腐とえびとオクラのあんかけ

調理時間の目安:10分
たんぱく食材:えび、豆腐
1人分カロリー:約160kcal

材料・作り方

<材料>2人分
木綿豆腐 1/2丁(175g)
むきえび 100g
オクラ 6本
ごま油 大さじ1/2
水溶き片栗粉 適量(片栗粉:大さじ1/2、水:大さじ1)
[A]白だし 大さじ1
[A]水 200ml

<作り方>
➊木綿豆腐は一口大に切り、水切りしておく。オクラは乱切りにする。

➋フライパンにごま油を入れて中火にかけ、むきえびとオクラを炒める。

➌火が通ってきたら、木綿豆腐と[A]を入れて蓋をして2~3分煮る。水溶き片栗粉でとろみをつける。

冷やしても美味しいメニューなので食欲減退の夏にピッタリ

高たんぱく、低脂質でダイエットに最適

えびは高たんぱくで低脂質のため、ダイエット中の方にもうれしいたんぱく食材。

抗酸化作用のあるビタミンEも豊富なので、アンチエイジングにも期待大です!

えびにはたくさんの種類がありますが、今回は調理が手軽なバナメイエビのむきえびを使用しました。

さっぱりメニューでもたんぱく質はバッチリ

豆腐もえびも低カロリーで高たんぱく食材。

カロリーは気になるけれど、たんぱく質はきちんと摂りたい、だんだん暑くなってきて食欲がわかないから、さっぱりとしたものが食べたいけど、たんぱく質不足が心配・・・・・・。

そんなときにおススメのメニューです。

茹でたそうめんにかけてもOK!

「オクラ」って何語?

日本語のようでじつはオクラは英語から来ているんです。

そんなオクラのネバネバ成分は水溶性食物繊維。

整腸作用や血糖値を抑える作用があるほか、悪玉コレステロールの吸収を妨げる働きもあるので、生活習慣病の予防にも期待ができます。

ネバネバが粘膜を保護するので、胃腸が弱りがちな夏にピッタリ!

監修:管理栄養士 柴田 真希先生

テレビ、雑誌、広告などで活躍するほか、食品メーカーや飲食店のメニュー開発やプロデュースなども手がける注目の料理研究家。株式会社エミッシュ代表

この記事を共有する

オススメ記事

【管理栄養士監修】納豆とオクラの麻婆豆腐

ひき肉の代わりに納豆とオクラを使った、低カロリーの麻婆豆腐です。片栗粉を使わず、納豆とオクラのネバネバでとろみをつけます。オクラのネバネバ成分の正体は、ペクチンという水溶性の食物繊維で、糖やコレステロールの吸収を抑える働きも。あっさりしているので、食欲がないときにもぴったりのおかずです!

健康たんぱく質レシピ
体重・体型・ダイエット 食・レシピ たんぱく質レシピ
2021.07.18
【専門家監修】脂肪のつき方でわかる危険度

短期間で大幅にやせようとすると、体が生命の危機だと感じて、体重をもとに戻そうとしてしまいます。無理なダイエットでリバウンドしてしまうのはこのためです。リバウンドしない減量のペースは、1ヵ月に1kg以内です。このペースを守ると、健康的に体重が落ちていきますよ。

老いない太らない24の知恵
筋トレ・有酸素運動・ストレッチ
2021.12.12
健康・運動・食のマガジン トップへ戻る
無料体験実施中! 無料体験実施中!