健康・運動・食のマガジン~ムリしない!ガマンしない!50代からの健康応援サイトbyカーブス~

【管理栄養士監修】牛肉とトマトのさっぱり炒め

調理時間の目安:10分
たんぱく食材:牛肉
1人分カロリー:約190kcal

材料・作り方

<材料>2人分
牛もも肉(赤肉) 200g
トマト 1/2個
なす 1本
ごま油 大さじ1/2
[A]塩 小さじ1/4
[A]砂糖 大さじ1/2
[A]酢 大さじ1

<作り方>
➊牛もも肉を一口大に切る。トマトをくし形切りにする。なすを縦半分に切り、斜め薄切りにする。

➋フライパンにごま油を入れて、中火にかけ、牛肉を炒め火が通ってきたらなすを加える。

➌全体に火が通ってきたら、[A]とトマトを入れて味をととのえる。

トマトは最後に加えて!食感を保っておいしく仕上がります!

鉄やビタミン豊富で貧血予防

牛肉には、たんぱく質はもちろん、吸収されやすい鉄「ヘム鉄」が豊富です。

また、造血のビタミンとも呼ばれる「ビタミンB₁₂」も豊富なので、貧血予防に最適。

脂肪が少ない赤身肉を選べば、ダイエット中でも安心です。

鉄はビタミンCと一緒に摂りましょう

「体がだるい」「疲れやすい」・・・ちょっとした体の不調の原因が貧血だったということも。

じつは牛肉などの動物性の鉄分のほうが、ひじきやほうれん草などの植物性より吸収されやすいんです。

また、一緒にトマトなどビタミンCの多い食材も摂ることで、鉄の吸収率を上げることができますよ。

なすで老化&免疫力低下をストップ!

なすは9割以上が水分。

そのため、栄養価が低いと思われがちですが、なすの皮には「ナスニン」を始め、老化や免疫力低下を防ぐ注目の抗酸化成分がたっぷり。

これらの栄養を効果的に摂る方法は、油で炒めるか揚げること。

茹でたり煮たりするとせっかくの栄養が流れ出てしまうので、その場合はスープにするのがオススメです。

アク抜きのときは水に長く漬け過ぎないように!

監修:管理栄養士 柴田 真希先生

テレビ、雑誌、広告などで活躍するほか、食品メーカーや飲食店のメニュー開発やプロデュースなども手がける注目の料理研究家。株式会社エミッシュ代表

この記事を共有する

オススメ記事

【管理栄養士監修】カキと卵のチリソース

「海のミルク」とも呼ばれるほど栄養たっぷりなカキ。たんぱく質やビタミンに加え、免疫力の維持に効果的な亜鉛、疲労回復効果が期待できるタウリン、貧血を防ぐ鉄分などが豊富に含まれています。ほうれん草と一緒に食べるとさらに貧血予防になるのでオススメですよ。完全栄養食品の卵との組み合わせでスタミナもアップ!

健康たんぱく質レシピ
食・レシピ たんぱく質レシピ 気になる不調
2021.01.01
【管理栄養士監修】スカロッピーネ(牛肉のレモンソース)

「牛肉を食べると太る」と思われがちですが、適度な量であればむしろ逆。牛赤身肉には必須アミノ酸がバランス良く含まれ、その中でもBCAA(分岐鎖アミノ酸)には、運動後の筋肉の分解を抑える働きがあります。しっかり運動するとともに、たんぱく質を十分に摂り、美しいメリハリボディをめざしましょう。

健康たんぱく質レシピ
体重・体型・ダイエット 食・レシピ たんぱく質レシピ
2021.06.19
健康・運動・食のマガジン トップへ戻る
無料体験実施中! 無料体験実施中!