健康・運動・食のマガジン~ムリしない!ガマンしない!50代からの健康応援サイトbyカーブス~

【管理栄養士監修】鶏のくずたたき白酢だれ

調理時間の目安:15分
たんぱく食材:鶏ささみ、絹ごし豆腐
1人分カロリー:約250kcal

材料・作り方

<材料>2人分
鶏ささみ 4本(180g)
しめじ 1/2パック
春菊 1/2束
絹ごし豆腐 1/2丁(175g)
[A]白すりごま 大さじ2
[A]砂糖 小さじ2
[A]酢 大さじ1
[A]味噌 大さじ1
塩 少々
片栗粉 適宜

<作り方>
➊鶏ささみは、厚さ5~6mmのそぎ切りにする。しめじは小房に分ける。春菊は葉先をつみとる。

➋ボウルに豆腐を入れて泡だて器でなめらかになるまで混ぜる。[A]を加えてよく混ぜる。

➌鍋にたっぷりの熱湯を用意して、塩少々をふり片栗粉を多めにまぶした鶏肉を1枚ずつ加える。色が変わって浮き上がってきたら、しめじを加えて3分ゆでる。重ならないようにざるにあげて、水気を切り、粗熱をとる。

➍器に春菊を盛り、➌をのせ、➋をかける。

豆腐は水切り不要なのでとてもカンタンです!

高たんぱく&低カロリー食材の代表

高たんぱくで低脂肪な鶏肉のなかでも、とくにたんぱく質が豊富で脂質が少ない鶏ささみは、アスリートや、筋肉をつけてダイエットしたい方に人気の食材。

若返りのビタミンともいわれるナイアシンも豊富に含んでいます。

片栗粉でのどごしのよい食事を

ダイエットの強い味方だけど、ちょっとパサつきがちな鶏ささみ。

とくに食欲が落ちやすい暑い時期は、片栗粉をまぶして湯引きにしてみてはいかがでしょう。

つるんとしたのどごしで、食べやすい一品になりますよ。

豆腐をタレにすれば立派な主菜に

豆腐で味付けする料理というと「白和え」が一般的ですが、それだと副菜にしかなりません。

でもタレにすれば立派な主菜になるんです。

酢が苦手な方は入れなくてもOK。

一味違ったタレでお料理のレパートリーを増やしてみては?

保存がきかないので作ったらすぐに食べ切りましょう

監修:管理栄養士 村田 裕子先生

メディアで活躍するほか、ダイエット、メタボ、胃がん、乳がんの人向けにも数々のレシピを開発。

さまざまな年齢層に応じた料理教室を主催。講演・著書多数。

この記事を共有する

オススメ記事

【管理栄養士監修】ささみとカラフル野菜のハニーソース

ささみは、第2胸筋といわれる鶏の胸の深い部分にあり、豚や牛ならヒレにあたる部分のお肉。鶏肉のなかでも脂肪が少なく、最も多くたんぱく質を含むので、ダイエットにはピッタリの食材です。油を使わず茹でただけのささみも、粒マスタードの酸味、はちみつの甘味、塩こうじの塩味と複数の味が感じられるソースで、おいしく食べられますよ。

健康たんぱく質レシピ
体重・体型・ダイエット 食・レシピ たんぱく質レシピ
2021.10.18
【管理栄養士監修】鶏ささみのチーズピカタきのこマスタードソース

鶏ささみは言わずと知れた高たんぱく、低脂質食材の代表格。とくにたんぱく質量は鶏肉の中でもNo.1で、消化吸収が抜群のお肉です。さらに疲労回復や消化器を守るナイアシン、質のよい睡眠や精神の安定に効果的なトリプトファンなど、うれしい栄養がたっぷり。

健康たんぱく質レシピ
食・レシピ たんぱく質レシピ 気になる不調
2020.11.01
健康・運動・食のマガジン トップへ戻る
無料体験実施中! 無料体験実施中!