健康・運動・食のマガジン~ムリしない!ガマンしない!50代からの健康応援サイトbyカーブス~

【管理栄養士監修】きざみブロッコリーのお手軽焼きリゾット

調理時間の目安:15分
たんぱく食材:粉チーズ、ベーコン、卵
1人分カロリー:約330kcal

材料・作り方

<材料>2人分・2枚分
茹でたブロッコリー  80g
ベーコン  1枚(20g)
ごはん  200g
卵  1個
牛乳  大さじ2
粉チーズ  大さじ3
塩・こしょう  各少々
オリーブオイル  小さじ1

<作り方>
➊茹でたブロッコリーをきざむ。ベーコンは薄切りにする。

➋ボウルに➊、他の材料(オリーブオイル以外)を入れ混ぜる。

➌熱したフライパンにオリーブオイルを入れ、➋の半量を入れて、15cm位の円形にし、片面ずつじっくり焼き色がつくまで焼く。裏返し、両面こんがりと焼く。(2枚焼く)

ブロッコリーを春菊に変えると大人の味に!

少量でも豊富な栄養素がたっぷり

チーズのなかでたんぱく質の量が一番多い粉チーズ。

それ以外にもカルシウムや、血管の老化抑制や細胞の新陳代謝に不可欠な亜鉛が、チーズのなかでもっとも多いのだとか。

ちょい足しでも体にうれしい粉チーズ、ふだんの食卓にとり入れてみては?

ブロッコリーは食べる美容液!?

ブロッコリーはとても栄養価の高い野菜。

とくにビタミンCの含有量は、レモン果汁の2倍以上、アセロラと同程度と言われています。

また鉄分、葉酸、食物繊維など美容に欠かせない栄養もぎっしり。

しっかりとって、若々しさを保ちましょう。

世界で有名な米料理と言えば?

「世界三大米料理」をご存知ですか?

スペインのパエリア、トルコのピラフ、イタリアのリゾットというのは有名な話。

どれもお米を炒めてから炊き上げる料理ですが、その調理法はさまざま。

ちなみに、「世界三大炊き込みご飯」はパエリアとインドのビリヤニ、そして日本の松茸ごはんだそうですよ。

イタリアではリゾットもフォークで食べるのがマナー

<監修:管理栄養士 沼津 りえ先生>

就職後、管理栄養士として妊産婦の栄養指導を行う。

結婚後、子育てをしながら料理教室COOKをスタート。

シンプルでおしゃれなレシピに定評があり、各種メディアでも精力的に活動中。

この記事を共有する

オススメ記事

【管理栄養士監修】ホタテとブロッコリーのクリーム煮

ホタテには、疲れた体にうれしい栄養が豊富です。とくに糖の代謝を促進し、エネルギーになるのを助ける働きのあるビタミンB1や、疲労回復効果があるタウリン、亜鉛などが多く含まれています。ブロッコリーなど抗酸化作用を持つ食材との食べ合わせは、ホタテのパワーをより高める効果が期待できますよ。

健康たんぱく質レシピ
食・レシピ たんぱく質レシピ 気になる不調
2021.02.01
【管理栄養士監修】春巻きの皮でラクラクキッシュ風

サケのピンク色は、食べたエビの色素(アスタキサンチン)が筋肉などに集まるから。このアスタキサンチンは、体内の老化(酸化)を防ぎ、脳の認知機能を改善させる働きがあると言われているんですよ。キッシュの皮はギョーザの皮でも、野菜は冷蔵庫にあるものでもOKです。

健康たんぱく質レシピ
食・レシピ たんぱく質レシピ 記憶力・認知機能
2021.10.14
健康・運動・食のマガジン トップへ戻る
無料体験実施中! 無料体験実施中!