健康・運動・食のマガジン~ムリしない!ガマンしない!50代からの健康応援サイトbyカーブス~

【管理栄養士監修】豚肉のトマト鍋

調理時間の目安:20分
たんぱく食材:豚肉
1人分カロリー:310kcal
1人分塩分:2.0g

材料・作り方

<材料>2人分
オリーブオイル  大さじ1
にんにく(みじん切り) 1片
トマト水煮(カット)  1/2缶(200g)
水  500cc
豚肩ローススライス(5~6cmに切る) 150g
白菜(ざく切り)  2枚
ブロッコリー(小房にする)  6房
しめじ(小房にする)  1パック
しょうゆ  小さじ2
塩  小さじ1/3

<作り方>
➊鍋にオリーブオイルとにんにくを入れて弱火で炒め、香りがでてきたらトマトの水煮・水を加えて中火にかけ、沸騰したら豚肉を加えて弱火で8分程煮込む。

➋白菜、ブロッコリー、しめじを加え、さらに10分ほど煮込む。

➌しょうゆと塩を加え、味をととのえる。

鍋のシメはご飯を入れてリゾットにするとおいしいですよ!

リコピンパワーで感染症予防

トマトに含まれるリコピンには、強力な抗酸化効果があり、免疫機能をつかさどる細胞を守る効果があります。

そのため、感染症予防に大いに期待ができます。

「トマトが赤くなると医者が青くなる」ということわざがあるとおり、医者が要らないといわれるほどの野菜。

そんなトマトを食べてこの冬を乗り切りましょう!

<監修:管理栄養士 吉沼 弓美子先生>

イタリアで家庭料理を学び、現座は料理家として雑誌やテレビ番組の制作に携わりながら、自宅で料理教室を主宰

この記事を共有する

オススメ記事

【管理栄養士監修】ツナキムチとトマトの冷製豆乳うどん

私たちの体をさまざまな病気から守ってくれる免疫。体内の免疫細胞の約7割は、腸のなかにあると言われています。つまり、腸内環境を整えることが、免疫力アップのカギ。発酵食品のキムチは、まさに腸内環境を改善するのにピッタリの食材です。トマトのリコピンにも、免疫機能の低下を抑える働きが期待できます。

健康たんぱく質レシピ
食・レシピ たんぱく質レシピ 気になる不調 睡眠
2021.07.18
【専門家監修】「ぴんぴんころり」は日々の筋トレ次第!

将来、寝たきりになんて絶対になりたくないですよね!?死ぬまで元気に歩き続けられるかどうかは、まさに筋トレ次第なんです!一生ぴんぴんと元気に生きて、ある日ころりと天に召される―――「ぴんぴんころり」は万人の願いです。

筋トレする人が老けない理由
生活習慣病・健康診断 骨密度 筋トレ・有酸素運動・ストレッチ 記憶力・認知機能
2021.12.13
健康・運動・食のマガジン トップへ戻る
無料体験実施中! 無料体験実施中!