健康・運動・食のマガジン~ムリしない!ガマンしない!50代からの健康応援サイトbyカーブス~

【管理栄養士監修】シシャモ入り具だくさんみぞれうどん

調理時間の目安:15分
たんぱく食材:シシャモ
1人分カロリー:約380kcal
1人分塩分:2.8g

材料・作り方

<材料>2人分
シシャモ  6尾
にんじん  1/2本
大根  1/10本
オクラ  2本
まいたけ  1/2パック
めんつゆ  大さじ5
水  3カップ
冷凍うどん  2玉

<作り方>
➊シシャモを焼く。にんじん、大根はすりおろし水気を切っておく。オクラは輪切り、まいたけは食べやすい大きさにわける。

➋鍋にめんつゆと水をいれ沸騰したら、オクラ、まいたけをいれ再沸騰させ、電子レンジであたためた冷凍うどんにかける。

➌➋の上におろしたにんじん、大根をのせ、焼いたシシャモをのせる。

カルシウムだけじゃないシシャモの滋養

骨を丈夫にするためには、カルシウム、ビタミンDの授取と運動をすることが大切です。

骨ごと食べられるシシャモはカルシウムとカルシウムの吸収を助けてくれるビタミンDを含んでいます。

ビタミンDはきのこ類にも多く含まれているので、骨の健康が気になる方にオススメのメニューです。

監修:管理栄養士・料理家 森 由香子先生

東京農業大学卒業、大妻女子大学大学院修士課程修了。

クリニックにて食事管理業務に従事。

管理栄養士・日本抗加齢医学会指導士の立場から食事によるアンチエイジングを提唱している。

メニュー開発、料理本制作のほか数多くのメディアに出演。

筋トレで骨に刺激を与える

骨は年齢とともに弱っていきます。それを防ぐには、筋肉を使う運動(筋トレ)が効果的です。

筋トレをすると、骨に刺激が与えられて、骨が強くなるのです。

逆に、運動が不足すると、筋肉による骨への刺激が足りなくなるので、骨が弱くなりやすいのです。

この記事を共有する

オススメ記事

【管理栄養士監修】厚揚げとピーマンの塩昆布チャンプルー

厚揚げには、骨の材料となるカルシウムがたっぷり含まれています。カルシウムは体内に吸収されにくいので、効率よく摂取するためには、吸収を助ける食材を一緒にとることが大切。卵にはカルシウムの吸収を助けるビタミンDが含まれているので、食べ合わせもGood!

健康たんぱく質レシピ
生活習慣病・健康診断 骨密度 食・レシピ たんぱく質レシピ
2021.08.18

【管理栄養士監修】イワシ缶のエスカベッシュ風

言わずと知れた青魚の代表格イワシには、EPAやDHAが豊富に含まれています。EPAとDHAには、血栓を防いで血液の流れをよくする働きがあり、高血圧対策にも。イワシ缶の代わりにサバ缶でもOK。ひと晩おくと、味がなじんでおいしいですよ!

健康たんぱく質レシピ
生活習慣病・健康診断 血圧 食・レシピ たんぱく質レシピ 睡眠
2021.08.18

【医師監修】骨の老化で寝たきりに!?

こんな症状はありませんか? □身長が低くなった □背中や腰が曲がってきた □背骨が出っ張ってきた □午後になると背中や腰が痛い それは骨粗しょう症が原因かもしれません。骨粗しょう症とは、骨の強度が低下して、骨折しやすくなっている状態のことをいいます。

10歳若返るための健康新常識
生活習慣病・健康診断 骨密度
2021.12.07
健康・運動・食のマガジン トップへ戻る
無料体験実施中! 無料体験実施中!