健康・運動・食のマガジン~ムリしない!ガマンしない!50代からの健康応援サイトbyカーブス~

【管理栄養士監修】夏野菜の和風ガパオ

調理時間の目安:15分
たんぱく食材:鶏ひき肉、卵
1人分カロリー:約550kcal
1人分塩分:1.8g

材料・作り方

<材料>2人分
鶏ひき肉  150g
にんにく(みじん切り) 1片
ナス  1本
赤唐辛子(輪切り)  ひとつまみ
赤パプリカ  1/4個
大葉  4枚
[A]オイスターソース・しょうゆ  各小さじ2
[A]酒  大さじ1
[A]砂糖  小さじ1
油  大さじ1と1/2
卵  2個
ごはん  茶碗2杯分

<作り方>
➊ナスとパプリカは1cm角に切り、ナスは水にさっとさらす。[A]は混ぜ合わせておく。

➋フライパンに油大さじ1とにんにく、赤唐辛子を入れて弱火で熱し、香りがでたらひき肉を入れて中火で炒める。ナスとパプリカを加えて炒め、[A]を入れ汁気がなくなるまで炒める。大葉をちぎりながら入れてさっと混ぜる。

➌フライパンを洗い、残りの油を入れて卵で目玉焼きをつくる。器にごはんをよそい、➋と目玉焼きを盛りつけ、お好みで大葉をちらす(分量外)。

旬の食材を取り入れ、バランスのよい食事を

夏バテ予防にはバランスのよい食事が大切。

栄養価の高い旬の食材を取り入れ、食欲のないときは香味野菜を加えてみるのもよいでしょう。

夏野菜のナスやパプリカの色素成分には強い抗酸化力があり、疲労の椎原因になる活性酸素を取り除く働きがあるんですよ。

<監修:管理栄養士・料理家 緑川鮎香先生>

東京農業大学卒業。管理栄養士の資格を取得後、輸入食材を扱う食料品店に7年勤め、現在はフードコーディネーターとしてWEBや雑誌、書籍などで栄養コメント、レシピ開発などを中心に活動中。

筋トレで暑さに強いカラダをつくる!

屋内外の温度差や冷房の効いた部屋にずっといることで、自律神経のバランスが崩れることも夏バテの原因になります。

そんな人こそ、運動をして汗をかくことが大切。

適度な運動は、体温調節の働きをよくして、暑さに強いカラダをつくってくれます。

この記事を共有する

オススメ記事

【管理栄養士監修】なすとズッキーニのドライカレー

血糖値は気になるけど、ごはんも食べたい!そんな方には白米ではなく麦ごはんや雑穀ごはん、玄米ごはんなどにするのがおススメ。食物繊維が豊富なので、食後の急激な血糖値の上昇を抑えてくれますよ!とくに大麦は水溶性食物繊維が豊富で、糖質の吸収を抑える働きが高いといわれいています。

健康たんぱく質レシピ
生活習慣病・健康診断 血糖値 食・レシピ たんぱく質レシピ
2020.07.02
【専門家監修】忙しくても食事はおろそかにしたくないあなたへ

忙しくてもパパッとつくれる自家製冷凍パックがあると安心!「忙しくて料理ができない」「献立を考えるのが面倒」…誰にでもそんなときもありますよね。だからといって、食事をおろそかにしては、老いを加速させてしまうことになります。

老いない太らない24の知恵
食・レシピ 食事法 たんぱく質レシピ
2021.12.12
健康・運動・食のマガジン トップへ戻る
無料体験実施中! 無料体験実施中!