健康・運動・食のマガジン~ムリしない!ガマンしない!50代からの健康応援サイトbyカーブス~

【専門家監修】脂肪のつき方でわかる危険度

~特に40代以下の方~

「生命の危機」がリバウンドの原因。減量は1ヵ月に1kg以内のペースで

短期間で大幅にやせようとすると、体が生命の危機だと感じて、体重をもとに戻そうとしてしまいます。

無理なダイエットでリバウンドしてしまうのはこのためです。

リバウンドしない減量のペースは、1ヵ月に1kg以内です。

このペースを守ると、健康的に体重が落ちていきますよ。

~特に50・60代の方~

腰まわりの脂肪はOK、お腹ポッコリはNG

「脂肪が体のどこにつくか」が、健康か不健康か?の分かれ道。

あなたはどちらのタイプですか?

【洋ナシ体型はOK】
腰まわりや太ももなど、下半身に脂肪がついているタイプ。
腰まわりの皮下脂肪は悪さをしない脂肪なので、それほど気にしなくて大丈夫!
女性に多い体型です。

【リンゴ体型はNG】
おなかがぽっこりしているタイプ。
内臓脂肪が多い証拠。
生活習慣病を引き起こす可能性があるので、運動と食事でお腹すっきりをめざしましょう。

出典:カーブスマガジンvol.52
監修:早稲田大学スポーツ科学学術院 名誉教授 樋口満先生

この記事を共有する

オススメ記事

【管理栄養士監修】ツナキムチとトマトの冷製豆乳うどん

私たちの体をさまざまな病気から守ってくれる免疫。体内の免疫細胞の約7割は、腸のなかにあると言われています。つまり、腸内環境を整えることが、免疫力アップのカギ。発酵食品のキムチは、まさに腸内環境を改善するのにピッタリの食材です。トマトのリコピンにも、免疫機能の低下を抑える働きが期待できます。

健康たんぱく質レシピ
食・レシピ たんぱく質レシピ 気になる不調 睡眠
2021.07.18

【専門家監修】年齢? 遺伝? 体重・体型をあきらめる前に

体重は、「月」単位で判断を 毎日体重を量って自分の体の状態を知るのは大切なこと。でも体重は、1日の中でも食事や排せつによって大きく変わります。だから、毎日の体重に一喜一憂する必要はありません。月単位の変化を見て、自分の食生活や運動量の指標にしましょう。

老いない太らない24の知恵
体重・体型・ダイエット 筋トレ・有酸素運動・ストレッチ
2021.12.12
健康・運動・食のマガジン トップへ戻る