健康・運動・食のマガジン~ムリしない!ガマンしない!50代からの健康応援サイトbyカーブス~

~特に70代以上の方~

歳を取ったら、日ごろから姿勢をキープ。下半身を鍛えることも意識して

「年齢を重ねたら筋肉が落ちやすくなる」というのは、カーブスメンバーさんにとってもはや常識ですよね。
でも、具体的にどこの筋肉が落ちやすいかを知っていますか?

正解は、体幹と下半身の筋肉です。※(グラフ参照)
日頃から常に意識すれば、老いない・太らない体により近づくことができますよ。

歳を取ったら落ちやすい筋肉はこの2つ

【体幹】
知らず知らずのうちに姿勢が悪くなっているのは、体幹が衰えている証拠。
体幹を鍛えるには、常に背筋を伸ばして姿勢をよくすることが大切です。

【下半身】
家の中でも外でも、座るより立つ、なるべく歩くようにするなどして、積極的に足の筋肉を使いましょう。
※カーブスのワークアウトでどちらも鍛えることができます

~すべての年代~

筋肉は動かしてナンボ!動かさないとすぐなくなる

さて問題です。
「筋トレを続けて筋肉がついたら、もう筋トレはやめていい。○か×か」。

正解は「×」ですよね。
いまの段階で筋肉がついているからといって、今後もずーっとその筋肉が維持されるわけではありません。
なぜなら、筋肉は動かしていなければ、あっという間に落ちるからです。

けがや病気などで入院すると目に見えて筋肉が落ちていき、退院後に要介護になってしまったという方はたくさんいます。

同じように、筋トレを休むとわずか1週間で筋肉量は減少し、その後の健康状態に大きく関わります。

筋肉は動かしてナンボ!
筋トレは続けることが大事です。

~すべての年代~

たんぱく質・筋トレ・有酸素運動を1年続けたら10歳若返る

加齢にはネガティブなイメージが付きまといますよね。
歳を取るのは避けられないことですが、「歳だからしようがない」ということはありません。

だれでも年齢を重ねれば体の機能は下がりますが、下がるスピードは変えられます。

たんぱく質をしっかりとって、筋トレと有酸素運動をする。
これを1年続ければ、体の機能が10歳は若返ります。

そして、習慣にしてずっと続けてください。
人生100年時代。いま60歳であれば、あと残り40年もありますよ。

出典:カーブスマガジンvol.52
監修:早稲田大学スポーツ科学学術院 名誉教授 樋口満先生

この記事を共有する

オススメ記事

【医師監修】「キレイにやせる」の勘違い

若いころに比べて「食べる量は増えていないのに、だんだん太ってきた」「食事制限をしても、なかなかやせられない」などと感じる原因は、歳をとって筋肉がへってきたことにあります。筋肉は、30歳から年に1%ずつ減っていきます。筋肉は脂肪を燃やす工場にたとえられます。

10歳若返るための健康新常識
体重・体型・ダイエット 食・レシピ 食事法
2021.12.07

【専門家監修】筋トレをする人は20年後になっても老けない

過去と未来を行ったり来たりできる魔法の乗り物、タイムマシン。筋肉は、まさにタイムマシンそのものだということをご存知ですか?筋肉というタイムマシンの力を使えば、私たちは過去の自分に戻ることができるのです。その理由はズバリ、「筋肉は老化の流れに逆らう臓器」だからです。

筋トレする人が老けない理由
筋トレ・有酸素運動・ストレッチ
2021.12.01

【管理栄養士監修】きのこたっぷり ヨーグルトグラタン

菌活とは、体によい働きをしてくれる菌を食事から積極的に取り入れること。きのことヨーグルトは、まさに菌活にピッタリの組み合わせ。ヨーグルトの乳酸菌は、悪玉菌の繁殖を抑え、きのこの食物繊維は善玉菌のエサとなって腸内環境を改善し、免疫機能を整えてくれます。

健康たんぱく質レシピ
食・レシピ たんぱく質レシピ 気になる不調
2021.03.19
健康・運動・食のマガジン トップへ戻る
無料体験実施中! 無料体験実施中!