健康・運動・食のマガジン~ムリしない!ガマンしない!50代からの健康応援サイトbyカーブス~

【専門家監修】知っていると便利! 納豆とパンの豆知識

納豆を買ってきたら、余った分はすぐ冷凍!

発酵食品の健康効果が高いことは、よく知られていますよね。
実は、さまざまある発酵食品の中でも、生きたままの菌が含まれているものは非常に少ないんですよ。

その代表的なもののひとつが、納豆です。
生きた納豆菌を菌の数が多い状態で食べることができるのでおすすめです。

納豆は、1パック3個入りで売られていることが多いですよね。
でも、買ったその日のうちに3個すべてを食べきらなければ、菌の発酵が多少は進んでしまいます。

ですから、余ってしまったら、冷凍室ですぐさま保存してしまいましょう。

<納豆を冷凍&解凍する方法>

・容器(発泡スチロール素材)のまま冷凍室へ
・食べるときは、容器のふたを取り外して、タレやカラシを取り出し電子レンジで30秒温める

パンを食べるなら、太りにくいブランパンを選ぼう。

パン屋さんやパン売り場に行くと、菓子パンに揚げパンなど、ついつい自分の好きなものを選びたくなりますよね。

でもパンの中には高カロリーなものも多く、普段せっかく栄養バランスに気をつけていても、1つのパンで台無しになってしまうことも…。

だからといって、食べたいのに我慢するのはつらいところ…。
そこでおすすめなのが、コンビニなどでも気軽に購入できるブランパンです。

ブランとは、穀物の外皮のこと。
ブランを使ったパンは糖質量が控えめなので、食べても太りにくいんですよ。

甘さが欲しいときには、ジャムを付けるとよいでしょう。
ビタミンCもとることができるので一石二鳥です。

コンビニなどで気軽に購入できるブランパンがおすすめ!

出典:カーブスマガジンvol.52
監修:福岡女子大学客員教授 村上祥子先生

この記事を共有する

オススメ記事

【管理栄養士監修】納豆とオクラの麻婆豆腐

ひき肉の代わりに納豆とオクラを使った、低カロリーの麻婆豆腐です。片栗粉を使わず、納豆とオクラのネバネバでとろみをつけます。オクラのネバネバ成分の正体は、ペクチンという水溶性の食物繊維で、糖やコレステロールの吸収を抑える働きも。あっさりしているので、食欲がないときにもぴったりのおかずです!

健康たんぱく質レシピ
体重・体型・ダイエット 食・レシピ たんぱく質レシピ
2021.07.18
健康診断結果の用紙(体組成・BMI・血圧・コレステロール値など生活習慣病に関係する数値が載っているもの)
【医師監修】生活習慣病の新常識 | 高血圧・高コレステロール(脂質異常)・高血糖が、生命を危険にさらす!

高血圧、高コレステロール(脂質異常)、高血糖…。それらは、血管を細く硬く、詰まらせやすくし、心筋梗塞や脳梗塞がいつ起こっても問題ない状態を引き起こします。その原因は「ぽっこりお腹」、つまり内臓脂肪です。

10歳若返るための健康新常識
生活習慣病・健康診断 血圧 血糖値 コレステロール その他健康数値
2021.12.07
健康・運動・食のマガジン トップへ戻る
無料体験実施中! 無料体験実施中!