健康・運動・食のマガジン

健康・運動・食のマガジン ~ムリしない!ガマンしない!元気に楽しく~

健康たんぱく質レシピ
  • 健康たんぱく質レシピ
  • コレステロール
2020.12.14
この記事をシェアする
facebook Twitter LINE

【コレステロール】サバと秋野菜のフライパン味噌蒸し

材料・作り方

<材料>2人分
生サバ(ゴマサバ)切り身  2切れ
れんこん  50g
ごぼう  20g
にんじん  10g
厚揚げ  80g
生姜(薄切り)  2枚
[A]味噌  大さじ1
[A]みりん  大さじ1
[A]酒  大さじ1
[A]水  大さじ2

<作り方>
❶サバに塩(分量外)を軽くふり5分程度おき、ペーパーで水気をとり表面に切れ目を入れる。れんこんは5mm幅の輪切り、ごぼうは乱切り、にんじんは拍子切りにする。厚揚げは5mm幅の食べやすい大きさに切る。

❷フライパンに熱湯を沸かし❶のサバを入れ1分加熱し、ざるなどにあけ、お湯は捨てる。

❸❷のフライパンに水気をとったサバ、野菜、厚揚げ、生姜を入れ、上から合わせた[A]をまわしかけ火にかける。ふつふつとしたら中弱火にしてふたをし、8~10分加熱する。

たんぱく食材:サバ

DHA、EPAの量が青魚のなかでもトップクラス!
サバは高たんぱくで、栄養価が高い青魚。

しかも、DHA、EPAの量は、青魚のなかでも群を抜いていて、DHAはアジやサンマの約2倍、EPAはアジの3倍近く含まれています。

また、ビタミンB12やビタミンDが豊富なのも特徴です。

サバ+根菜で血液サラサラに!

サバのDHA、EPAは、血液をサラサラにし、中性脂肪やコレステロール値を改善する効果があります。

また根菜に含まれるポリフェノールも抗酸化作用があり、血液をサラサラにしてくれるので、組み合わせることで動脈硬化予防が大いに期待できますよ!

なぜ数をごまかすことを「サバを読む」と言うの?

傷みやすく大量に獲れるサバを市場で少しでも鮮度が落ちないうちに売りさばくにはスピードが命だったことから、早口で数を数えることが多かったのだそう。

そのため数え間違いが多く、そこから、いい加減に数を数えることを「サバを読む」というようになったとか。

サバはほかの魚より歯が小さいので「小歯(さば)」という説も。

「サバと秋野菜のフライパン味噌蒸し」を作った方はこちらもオススメ!

玉ねぎの有効成分を逃さず食す
「かつおとセロリのポン酢サラダ」

黒酢で血液サラサラに!
「メカジキとれんこんの黒酢炒め」

この記事をシェアする
facebook Twitter LINE
健康たんぱく質レシピ
一覧はこちら