健康・運動・食のマガジン

健康・運動・食のマガジン ~ムリしない!ガマンしない!元気に楽しく~

健康たんぱく質レシピ
  • 健康たんぱく質レシピ
  • 免疫力
  • 美容
2020.11.03
この記事をシェアする
facebook Twitter LINE

【免疫力・美容】鮭と白菜のとろとろ煮

材料・作り方

<材料>2人分
生鮭切り身  2切れ(160g)
ベーコン  2枚(40g)
白菜  3枚
[A]しょうが(すりおろし) 大さじ1
[A]固形スープの素  1/2個
[A]水  1カップ
[A]酒  大さじ1
[A]しょうゆ  大さじ1/2

<作り方>
❶鮭は3等分のそぎ切りにする。ベーコンは幅1cmに切る。白菜は長さ5cmに切り、幅1cmの棒切りにする。

❷鍋に[A]、白菜を入れて中火で熱し、ひと煮立ちしたらふたをして弱めの中火にし、白菜がやわらかくなるまで8~10分煮る。

❸鮭、ベーコンを加え、ときどき煮汁を全体にまわしかけながら鮭の色が変わるまで4~5分加熱する。

たんぱく食材:鮭

じつは白身魚だった秋の味覚
赤身魚と思われがちですが、身が赤いのは、甲殻類のプランクトンをエサにすることで蓄えられるアスタキサンチンという色素によるもので、じつは鮭は白身魚。

油が気になる方は、低脂肪の国産を選ぶといいですよ。

鮭のアスタキサンチンに注目!
アスタキサンチンには免疫力を下げる活性酸素を取り除く働きや、肌の老化を抑える抗酸化作用があると言われ、注目されています。

鮭にはそのアスタキサンチンが豊富に含まれているんです。

積極的に取り入れたいですね。

白菜の黒い斑点の正体は?

カビや汚れと間違われがちな白菜の黒い斑点。

じつはその正体はポリフェノールなんです。

白菜に含まれるポリフェノールが酵素と反応して色素が発生し、黒い斑点の状態で現れたものなので、食べてもまったく問題なし。

捨ててしまうのはもったいないですよ!

切り口が変色していないものを選びましょう!

かぶのビタミンパワーで美肌づくり 「鶏むね肉のレンジから揚げ」

高野豆腐は女性にうれしい栄養の宝庫 「高野豆腐ときのこのそぼろ丼」

この記事をシェアする
facebook Twitter LINE
健康たんぱく質レシピ
一覧はこちら