健康・運動・食のマガジン~ムリしない!ガマンしない!50代からの健康応援サイトbyカーブス~

【管理栄養士監修】ブリとかぶの煮もの

調理時間の目安:15分
たんぱく食材:ブリ
1人分カロリー:約340kcal
1人分塩分:2.8g

材料・作り方

<材料>2人分
ブリ2切  (200g)
かぶ  3個
かぶ茎  50g
[A]しょうが(薄切り)  1かけ
[A]しょうゆ  大さじ2
[A]酒  大さじ2
[A]みりん  大さじ2
[A]砂糖  大さじ1
水  1/2カップ

<作り方>
➊ブリは1切れ2~3等分に切っておく。かぶは皮をむいて半分に切り、茎は3cmの長さに切っておく。

➋鍋に[A]を煮立てブリを加え、時々返しながら3~4分煮て取り出す。

➌➋の鍋にかぶ、水を加え、フタをして6~7分煮る。

➋のブリを戻し、かぶの茎を加え1~2分煮る。

ブリのEPAで血液サラサラ

寒くなると、血管が収縮し、心筋梗塞などのリスクが高 まるので要注意!

そうならないためにも、ふだんから血液をサラサラにすることを心がけたいですね。

魚のなかでもとくにブリは、血液をサラサラにするEPAが豊富に含まれています。

網焼きは魚の油を多少落としてしまうので、煮魚やホイル焼き、汁物の具にして汁ごと食べると効率よく摂取できますよ。

監修:料理研究家・管理栄養士 藤井恵先生

女子栄養大学在学中からテレビ番組の料理アシスタントを務める。
これまでにNHK「きょうの料理」や日本テレビ系列「キューピー3分クッキング」などに出演。
カーブス初のレシピ本「おいしく食べて太らない健康たんぱく質」のレシピを考案。

筋トレ+有酸素運動で動脈硬化を防ぐ

悪玉コレステロール値が高い状態を放置しておくと、動脈硬化が進み、脳卒中や心筋梗塞を引き 起こすことも!

筋トレと有酸素運動を組み合わせたカーブスの運動は、動脈硬化を防ぐ効果があ ることが実証されています。

(国立健康・栄養研究所との共同研究より)

この記事を共有する

オススメ記事

【管理栄養士監修】イワシ缶のエスカベッシュ風

言わずと知れた青魚の代表格イワシには、EPAやDHAが豊富に含まれています。EPAとDHAには、血栓を防いで血液の流れをよくする働きがあり、高血圧対策にも。イワシ缶の代わりにサバ缶でもOK。ひと晩おくと、味がなじんでおいしいですよ!

健康たんぱく質レシピ
生活習慣病・健康診断 血圧 食・レシピ たんぱく質レシピ 睡眠
2021.08.18
【管理栄養士監修】サバと秋野菜のフライパン味噌蒸し

サバのDHA、EPAは、血液をサラサラにし、中性脂肪やコレステロール値を改善する効果があります。また根菜に含まれるポリフェノールも抗酸化作用があり、血液をサラサラにしてくれるので、組み合わせることで動脈硬化予防が大いに期待できますよ!

健康たんぱく質レシピ
生活習慣病・健康診断 コレステロール 食・レシピ たんぱく質レシピ
2020.11.01
【医師監修】浮き出た血管、深いしわはこれで解消!

年齢を重ねると、腕や足に血管が浮き出てきてしまうことはよくあることです。目につく部分ですし、気になりますよね。血管が浮き出る原因は、血管を支えていた筋肉などが衰えてしまったから。ですから、筋肉を鍛えれば、浮き出ていた血管が目立たなくなるのです。

老いない太らない24の知恵
肌・しみ・しわ
2021.12.07
健康・運動・食のマガジン トップへ戻る
無料体験実施中! 無料体験実施中!