健康・運動・食のマガジン~ムリしない!ガマンしない!50代からの健康応援サイトbyカーブス~

【管理栄養士監修】明太豆乳クリームうどん

明太豆乳クリームうどん

調理時間の目安:15分
たんぱく食材:豆乳、明太子、ホタテ缶
1人分カロリー:約400kcal

材料・作り方

<材料>2人分
冷凍うどん 2玉
明太子 60g
ホタテ缶(小) 1缶(70g)
玉ねぎ 1/2個
しめじ 1/2パック
アスパラ 4本
無調整豆乳 200ml
塩 小さじ1/4
ブラックペッパー 少々
オリーブオイル 大さじ1

<作り方>
➊うどんはレンジにかけ解凍する。明太子は薄皮をはずし、ソース用とトッピング用に分けておく。玉ねぎはスライス、しめじは小房にほぐす。アスパラは固いところを除き、斜めに切る。

➋フライパンにオリーブオイルを入れ、熱し、玉ねぎとしめじを炒め、豆乳、ホタテ缶を汁ごと入れ加熱する。沸騰したらアスパラ、ソース用の明太子を加え、うどんをいれてなじませるように炒め、塩、ブラックペッパーで味をととのえ、盛りつけのときにトッピング用の明太子をのせる。

豆乳であっさり風味に。牛乳のコクが苦手な方もぜひ試してみてください。

イソフラボンもとれるたんぱく源

豆乳には、植物性たんぱく質がたっぷり。

とくに無調整豆乳は大豆本来の味が濃く、大豆の栄養が凝縮しています。

イソフラボンも豊富なので、女性には嬉しいたんぱく源です。

豆乳で美肌づくり

女性ホルモン「エストロゲン」と似た働きをすることから、更年期障害の抑制や美肌効果が期待できるイソフラボン。

豆乳にはほかにも、ビタミン、レシチン、サポニンなど、お肌に嬉しい成分が多く含まれているんですよ。

アスパラガスの知られざるパワー

アスパラガスに含まれるアミノ酸「アスパラギン酸」。

その名のとおり、アスパラガスから発見された成分で、疲労回復や滋養強壮に役立つとして、栄養ドリンクにも利用されています。

さらに、たんぱく質の合成を促進し、肌の新陳代謝を活発にする作用があるとも。

豆乳と一緒にとることで、さらなる美肌づくりにつながりますよ!

食物繊維たっぷりで、整腸作用も!

監修:料理研究家 舘野 真知子先生

8代続く専業農家の生まれ。
管理栄養士として病院に勤務後、海外で料理を学ぶ。
素材を生かした料理をモットーに、国内外で活躍。
NHK「あさイチ」「きょうの料理」などにも出演。

この記事を共有する

オススメ記事

【管理栄養士監修】ツナキムチとトマトの冷製豆乳うどん

私たちの体をさまざまな病気から守ってくれる免疫。体内の免疫細胞の約7割は、腸のなかにあると言われています。つまり、腸内環境を整えることが、免疫力アップのカギ。発酵食品のキムチは、まさに腸内環境を改善するのにピッタリの食材です。トマトのリコピンにも、免疫機能の低下を抑える働きが期待できます。

健康たんぱく質レシピ
食・レシピ たんぱく質レシピ 気になる不調 睡眠
2021.07.18
【管理栄養士監修】じゃがいもと明太子のスパニッシュオムレツ

紫外線が強くなり肌トラブルが気になるこの季節、じつはこのレシピにはお肌にうれしい成分がたっぷり!アスパラにはβ-カロテン(ビタミンA)が、じゃがいもにはビタミンCが、明太子にはビタミンEが豊富。抗酸化作用があり美容効果が期待できる、通称ビタミンACE(エース)を、1品で摂ることができる。さらに、お肌を作るもとになるたんぱく質も、卵、明太子、チーズのトリプルで補給できますよ!

健康たんぱく質レシピ
食・レシピ たんぱく質レシピ 肌・しみ・しわ
2020.05.10
【医師監修】あなたの肌に必要な基礎化粧品を知る方法

化粧水に乳液、美容液…と、基礎化粧品を塗れば塗るほど若々しい肌になると思っていませんか?その考え、いますぐにストップ!じつはあなたの肌が本当に必要とする最低限の基礎化粧品だけを使用することで、肌本来の力を発揮させることができるのです。

老いない太らない24の知恵
筋トレ・有酸素運動・ストレッチ 肌・しみ・しわ
2021.12.07
健康・運動・食のマガジン トップへ戻る
無料体験実施中! 無料体験実施中!