健康・運動・食のマガジン~ムリしない!ガマンしない!50代からの健康応援サイトbyカーブス~

【管理栄養士監修】ツナの冷や汁そうめん

調理時間の目安:15分
たんぱく食材:ツナ、豆乳
1人分カロリー:約530kcal

材料・作り方

<材料>2人分
ツナ缶  小1缶
きゅうり  1本
みょうが(小口切り) 2個
青じそ(千切り) 2枚
しょうが(すりおろし) 小さじ1/2
[A]みそ 大さじ2
[A]白すりごま 大さじ1
[A]和風だしの素(顆粒) 小さじ1
[A]豆乳(無調整) 2カップ
そうめん(乾燥) 3束
塩 少々

<作り方>
➊ツナ缶は缶汁を切る。きゅうりは小口切りにして塩もみにし、水けを軽く絞っておく。

➋[A]を混ぜ、ツナ缶の約半量を加えて混ぜる。

➌鍋にたっぷりの熱湯を用意して、そうめんを中火で1分30秒加熱する。流水でもみ洗いしながらあら熱をとり、ざるにあげて水けを切る。

➍器にそうめん、➋を盛り、上に残りのツナ缶、きゅうり、みょうが、青じそ、しょうがを添える。

ノンオイルのツナ缶ならカロリーはもっと抑えられますよ!

美味しさと栄養を兼ね備えた便利な食材

ツナ缶は、手軽に何にでも使える万能アイテム。

高たんぱく&低糖質で、DHA、EPAも含んでいます。

ツナというとマグロのことだと思われがちですが、マグロ属に分類される魚の総称で、カツオも含みます。

実際、カツオのツナ缶も多く流通しています。

豆乳はアンチエイジングの強い味方

豆乳は植物性たんぱく質が豊富、さらに女性ホルモンに似た働きをする大豆イソフラボン、アンチエイジング効果のあるサポニン、レシチンなど、とくに女性にはうれしい栄養がたっぷり。

お料理には、豆腐に近い無調整豆乳を選ぶのがおススメです。

薬味はただの脇役ではない!?

そばやそうめんに添えられる薬味。

もとは医学用語で、薬膳でいう五味(甘味・苦味など)が薬味と呼ばれ、広く料理に利用されることに。

食欲増進効果のほか、しょうがの血行促進、みょうがの冷え性やむくみ改善など、組み合わせることで健康促進効果がさらにパワーアップします!

薬味を上手に使えば減塩効果も!

監修:管理栄養士 村田 裕子先生

メディアで活躍するほか、ダイエット、メタボ、胃がん、乳がんの人向けにも数々のレシピを開発。

さまざまな年齢層に応じた料理教室を主催。講演・著書多数。

この記事を共有する

オススメ記事

【管理栄養士監修】ツナキムチとトマトの冷製豆乳うどん

私たちの体をさまざまな病気から守ってくれる免疫。体内の免疫細胞の約7割は、腸のなかにあると言われています。つまり、腸内環境を整えることが、免疫力アップのカギ。発酵食品のキムチは、まさに腸内環境を改善するのにピッタリの食材です。トマトのリコピンにも、免疫機能の低下を抑える働きが期待できます。

健康たんぱく質レシピ
食・レシピ たんぱく質レシピ 気になる不調 睡眠
2021.07.18
健康・運動・食のマガジン トップへ戻る
無料体験実施中! 無料体験実施中!