「美容と健康」の勘違い 本当に健康に楽しく生きるために必要なもの、ご存知ですか?

何歳になっても美容や健康には気をつかいたいもの。
そのためには、健康に関する正確な知識が必要です。

気持ちがいくら若くても

今の50代の方は、20年前の50代の方と比べると、精神的に10歳若いそうです。しかし、肉体的な老化は昔と変わっていません。むしろ悪化をしているのではないか?と思える報告も聞きます。
「老化」とは、加齢によって心身が変化していく自然の摂理。筋肉が弱くなり、骨密度が低下し、体が思うように動かなくなります。また、心肺機能、代謝能力、脳機能なども低下し、病気にかかりやすくなったり、記憶力が悪くなったりします。さらに体のおとろえは、いつしか気持ちのおとろえにもつながっていくのです。

運動をしないと体はどんどんおとろえる

体は思っている以上に、運動をしないとおとろえていきます。骨粗しょう症患者のほとんどは運動不足です。生活習慣病の原因も運動不足による肥満や代謝能力の低下です。認知症も運動不足によって進みやすくなることが最近の医学ではハッキリしています。

おとろえていく筋肉こそが問題

基礎代謝力が落ちて、体脂肪が増え、筋力がおとろえてくる中高年にとって、筋肉を鍛えて基礎代謝を上げる「筋力トレーニング」は欠かせない運動と言えます。そうはいっても「筋力トレーニング」と聞くとしり込みする人も多いでしょう。 このサイトで紹介する「30分健康カーブス体操」は、筋力運動と有酸素運動、ストレッチを組み合わせた手軽に誰でも始められるカンタン体操です。

何歳になっても筋力は増やせます

「筋力トレーニング」で筋肉がつけば、ダイエット効果はもちろん、血行が良くなることで冷え性も改善。肩こりや腰痛に効きます。疲れにくく丈夫になり、生活習慣病や更年期障害、骨粗しょう症などの予防にもなります。体力がついて元気になると、毎日の生活に自信がもてるようになるのです。明日の自分を変えるために、あなたも「30分健康カーブス体操」を始めてみませんか?