健康・運動・食のマガジン~ムリしない!ガマンしない!50代からの健康応援サイトbyカーブス~

【管理栄養士監修】簡単エッグベネディクト風サンド

簡単エッグベネディクト風サンド

調理時間の目安:15分
たんぱく食材:スモークサーモン、卵、ヨーグルト
1人分カロリー:約290kcal
1人分塩分:2.1g

材料・作り方

<材料>2人分
スモークサーモン  4枚(60g)
ヨーグルト  小さじ1
マヨネーズ  小さじ1
七味唐辛子  適量
レモン汁  小さじ1/2
卵  2個
バンズ  2個
サラダ菜  2枚
きゅうり  適量
ミニトマト  適量

<作り方>
➊ヨーグルト、マヨネーズ、七味唐辛子、レモン汁を混ぜ合わせソースを作っておく。

➋直径12cm、深さ5cmの耐熱皿に、生卵を割り入れ、黄身に竹串で2か所穴をあける(破裂防止)。かぶるぐらいに水を入れたら、ラップをせずに600w30秒電子レンジで加熱する。さらに10秒ずつ、様子をみながら加熱し、ポーチドエッグをつくる。

➌半分に割ったバンズの片方に、サラダ菜、スモークサーモン、ポーチドエッグの順にのせ、➊のソースを上からかけ、もう片方のバンズを添える。カットしたきゅうり、ミニトマトを添える。

卵には美肌に有効な栄養素がたっぷり

美肌に有効な栄養素として、たんぱく質、ビタミンA、ビタミンB群、鉄、亜鉛があげられます。

この5つすべてを含んでいるのが完全食品と言われる卵です。

肌の新陳代謝(ターンオーバー)を助け、みずみずしさを保つ栄養素がたっぷり含まれています。

ですが、卵にはビタミンCが含まれていないので、ぜひ野菜も一緒にとってくださいね。

監修:管理栄養士・料理家 森 由香子先生

東京農業大学卒業、大妻女子大学大学院修士課程修了。

クリニックにて食事管理業務に従事。

管理栄養士・日本抗加齢医 学会指導士の立場から食事によるアンチエイジングを提唱している。

メニュー開発、料 理本制作のほか数多くのメディアに出演

運動で美肌のための土台づくり

肌の老化は、加齢で毛細血管が減っていくことと関係しています。

毛細血管が減ると、せっかく摂った栄養も肌の細胞に行き届かず、それがしわやたるみの原因にもなるのです。

でも大丈夫! 毛細血管は運動(筋トレ+有酸素運動)で、何歳になっても増やすことができます。

運動を習慣にして、美肌のための土台づくりをしましょう。

この記事を共有する

オススメ記事

【管理栄養士監修】お手軽2色ロール寿司

マグロの赤身は、私たちの脳内で「幸せホルモン」といわれるセロトニンの材料になる必須アミノ酸の一種「トリプトファン」を多く含んでいます。同時に、マグロに多く含まれるビタミンB₆はセロトニン合成を助け、幸福感や充実感につながります。マグロが大人気なのも理由があるのですね。

健康たんぱく質レシピ
食・レシピ たんぱく質レシピ 気になる不調 睡眠
2021.05.19
【管理栄養士監修】プチスコッチエッグ

小さな見かけと違って栄養価が高いうずらの卵。同じ量で比較した場合、鶏卵よりもビタミン₁₂が5倍以上、葉酸も2倍以上含んでいます。これらの栄養素は、貧血の予防効果が高いだけでなく、欠乏すると動脈硬化や認知症の発症リスクを高めると言われています。不足しないように心がけたいですね。

健康たんぱく質レシピ
食・レシピ たんぱく質レシピ 記憶力・認知機能
2021.05.19
健康・運動・食のマガジン トップへ戻る
無料体験実施中! 無料体験実施中!