健康・運動・食のマガジン~ムリしない!ガマンしない!50代からの健康応援サイトbyカーブス~

【管理栄養士監修】イワシ缶のエスカベッシュ風

調理時間の目安:10分
たんぱく食材:イワシ缶
1人分カロリー:約220kcal
1人分塩分:1.5g

材料・作り方

<材料>2人用
イワシ水煮缶  1缶(190g)
玉ねぎ(薄切り)  30g
赤パプリカ(千切り)  1/4個
にんじん(千切り)  30g
[A]白ワインビネガー(酢)  大さじ2
[A]砂糖  大さじ1
[A]塩  小さじ1/4
[A]オリーブ油  小さじ1
パセリ(みじん切り)  適量

<作り方>
➊耐熱ボウルにイワシの缶汁、玉ねぎ、パプリカ、にんじん、[A]を入れてふんわりラップをし、電子レンジ(600w)で2分加熱する。

➋保存容器にイワシの身を入れて➊をかけ、粗熱が取れたら冷蔵庫に入れて2時間ほど冷やす。

➌器に盛りつけ、パセリをふる。

EPAとDHAで血管の健康をサポート

言わずと知れた青魚の代表格イワシには、EPAやDHAが豊富に含まれています。

EPAとDHAには、血栓を防いで血液の流れをよくする働きがあり、高血圧対策にも。

イワシ缶の代わりにサバ缶でもOK。ひと晩おくと、味がなじんでおいしいですよ!

<監修:管理栄養士・料理家 緑川鮎香先生>

東京農業大学卒業。管理栄養士の資格を取得後、輸入食材を扱う食料品店に7年勤め、現在はフードコーディネーターとしてWEBや雑誌、書籍などで栄養コメント、レシピ開発などを中心に活動中。

睡眠不足が高血圧を招く!?

運動不足が高血圧の原因になることは知られていますが、じつは睡眠不足も高血圧につながります。

夜に眠れないと交感神経が高ぶったままになり、それが翌日の血圧に影響するのです。

日中の運動は睡眠の質もよくしてくれるので一石二鳥ですよ。

この記事を共有する

オススメ記事

【管理栄養士監修】サバ缶カポナータ

トマトに含まれるリコピンには活性酸素を取り除く抗酸化作用があるので、血管をしなやかに保つ助けとなります。サバに含まれるEPAは動脈硬化予防に良いとされており、リコピンはサバの油と一緒に食べることで吸収率がアップするんです。まさに血管の健康にはベストな組み合わせですよ。

健康たんぱく質レシピ
生活習慣病・健康診断 その他健康数値 食・レシピ たんぱく質レシピ
2021.03.19
【医師監修】浮き出た血管、深いしわはこれで解消!

年齢を重ねると、腕や足に血管が浮き出てきてしまうことはよくあることです。目につく部分ですし、気になりますよね。血管が浮き出る原因は、血管を支えていた筋肉などが衰えてしまったから。ですから、筋肉を鍛えれば、浮き出ていた血管が目立たなくなるのです。

老いない太らない24の知恵
肌・しみ・しわ
2021.12.07
健康・運動・食のマガジン トップへ戻る
無料体験実施中! 無料体験実施中!