カーブスエッセイ大賞2020結果発表

作品詳細

佳作

「私が「カーブスを続ける理由」」

直子様(65歳) カーブスパティオ可児(カーブス歴:3年2ヵ月)

 去年の1月頃左足ひざの内側が、すごく痛くなって、仕事も足を引きずってやっていました。もう休みの手続きをカーブスに頼んだところ、針灸の先生から「大事にしすぎては、いけない」と言われ、少しずつ通いながら一年少したって、だいぶ痛みがなくなってきました。運動もなかなかできない自分が、ここまで来れたのは、カーブスのお陰です。
 創業者が、お母さんを早くなくし、そんなかわいそうな、お母さんを無くす為に、医者になり、その他いろいろ勉強を重ねてカーブスをつくられた事を読んで、これなら、間違いないと思いました。
 コーチにも励まされ、親切にめんどうみてくれて、ありがとうと言うと、
「親切にするのは、あたりまえだよ。」と言われて、感心したり...
 仕事帰りに、迷った時は来ると、書いてあったのを思い出し、頑張ってカーブスに来た時、コーチもえらいね。と言うと「えらくないよ」と言って、平気に頑張ってみえるのに、また感心しました。
 若いコーチに、感謝して、こんな子なら幸せになれるなと思ったりしました。
 弟もカーブスをやれと後押ししてくれたりして始めたのですが、血液検査の結果も毎年少しずつ良くなり体重も9kg以上減って、やせる事が、できました。
これからも、カーブスを続けたいので、よろしくお願いします。

感動したら、シェアボタンを押してください