カーブスエッセイ大賞2020結果発表

作品詳細

入賞

「顔馴染み、カーブスの輪!」

由巳子様(54歳) カーブスイオンタウン田主丸(カーブス歴:1年)

 ちょうど1年前の4月のこと。新聞広告の中の「女性だけの30分健康教室」のチラシに目が止まりました。
 運動せんといかん・・・とは、分かっているものの、とにかく運動は苦手だし嫌いな私。んっ?でも「たった30分」なら、こんな私でも大丈夫かも?!と半信半疑の中、カーブスの門をたたきました。
 離婚による精神的な苦痛に加え、更年期のせいか何をするにも、やる気が出ず、ボンヤリ気持ちがどんより暗く「うつ」の一歩手前状態でした。そんな私が、カーブスに通い始めると気持ちが前向きになり、明るく笑顔も増してきました。
 メンバーの中には、近所のオバチャマ方や、同級生、ママ友も多数いて「あらっ、あなたも・・・久し振りですね、元気?」それに街中で買い物中「あっ、確かカーブスでお顔拝見したことありますよね」ってお声掛けすると
「まあ~覚えていてくれてありがとう」
そんなこんなで、顔馴染みも増え街中で会った時には、「今日、カーブス行った?」「はい、行きました」「私は、今からなの・・・」と、いう具合いに「カーブス行った?」が合い言葉になって、メンバーさんと顔を見合わせ思わずニコッ!と微笑みます。それに、「お疲れさま」と、アイコンタクト。
 顔は知ってるけど名前は知らないメンバーさんとのカーブスの輪が広がり繋がっています。
 コーチからの「今日も来れましたね。体調、大丈夫ですか?」との声掛けと明るい笑顔。それに何と言っても、苗字ではなく下の名前で呼ばれるのが嬉し恥ずかし感じなのですが、新鮮かなぁ~
 そう言えば、以前、筋トレ中に面白い出来事があったんですよ。
 脈を測った後、「何色でした?」って先ずは、ボードの人から順番にコーチが聴きますよね。勿論、下の名前で・・・その時、偶然にも「ゆみこさん」が4人続いて、「えっ?こんな偶然ってある?面白すぎる」って4人のゆみこさんが顔を見合わせ、思わずクスッ!
その中の1人は、私(ゆみこ)なんですけどね。
コーチも他のメンバーさんも、思わず笑顔になったんです。下の名前で呼ぶカーブスならではですよね(笑)
正に「笑う門には福来たる」では、ないでしょうか・・・
 寝ても起きても痛かった五十肩&腰痛が改善。頑固だった便秘も解消して、スッキリです。ボウリングのスコアもアップして、良いことずくめです。

感動したら、シェアボタンを押してください