カーブスエッセイ大賞2020結果発表

作品詳細

入賞

「現状維持にも価値がある」

ぱた子様(58歳) カーブス横浜こどもの国(カーブス歴:1年4ヵ月)

 ずっと前から気になっていたカーブス。以前、一度体験した事はあったものの、当時フルタイムで働いていた私にとって、18時半までにカーブス到着というのは不可能でした。
でも、「いつか、チャンスがあれば入会したい。」と密かに思っていました。
 三人の息子達がそれぞれ自立したところで、「これからが第2の人生のスタート!!今までとは違った形で、私にしかできない社会貢献ができれば・・・。」と考えて長年続けてきた仕事を早期退職。辞めた事は全く後悔していませんが、今までとは全く違う時間の流れの中で、一日の過ごし方に戸惑いを覚えました。そして、「今日はダラダラ過ごしてしまった。」と自己嫌悪に陥ってしまう事も少なくありませんでした。
 そんな私の日常生活に変化を与え、「今の私でいいんだ!!」と言う思いにしてくれているのがカーブスです。「今日は行くのが億劫だな。」と思う時も正直ありますが、思い切って出掛けて行って30分身体を動かすと、「やっぱり来て良かった。」と思えるのです。そして、「今日の私、頑張ったな。」と自分を褒めてあげる事もでき、自己肯定感がアップします。また、コーチの明るさと笑顔と、「ようこさん、こんにちは。」と言う挨拶に、いつもパワーを貰っています。こんなに大勢いる会員の名前と顔を覚えていらっしゃるコーチの記憶力と努力には、本当に感心いたします。
 そんな素敵なカーブスに入会して、そろそろ1年半が経とうとしていますが、体重や体脂肪等の数値には大きな変化がありません。「目に見える形で結果が出てくれると頑張り甲斐もあるのですが。」と、ある月の計測時に思いをお話ししたところ、「もしも運動していなかったら、この体力と筋力は維持できていなかったかも知れませんね。」とコーチに言われ、「目から鱗」でした。つい目に見える結果に一喜一憂してしまう私ですが、継続しているからこそ得られる現状維持だったと!!
 この事は、カーブスに限らず全ての事に当てはまるのではないでしょうか。特に、良好な人間関係を維持するために何の努力も取り組もせず、自分の思うままに行動していたら、あるいは放っておいたら、大切な人との人間関係が悪くなる事って意外に多いものです。そして、人間関係のみならず全ての事柄においても、現状維持できているという事は、それだけでも価値のある事だと気づかされた一コマでした。
 今後も、大きな進歩はないかも知れません。でも、月並みな言葉ですが「継続は力なり」。そして、私流に言えば「現状維持にも価値がある。維持できるのは努力の結果」なのです。カーブスは勿論、全てに対してこの言葉を念頭においていきたいと思います。そして、そんな私の背中を押してくれるカーブスを、これからも続けていきたいと考えています。素敵なコーチの皆さん、これからも宜しくお願いいたします。

感動したら、シェアボタンを押してください