カーブスエッセイ大賞2020結果発表

作品詳細

入賞

「カーブスに通ったお陰で手術をしなくても良くなりました」

惠子様(73歳) カーブス逆瀬川駅前(カーブス歴:6年)

私は長年「脊柱管狭窄症」で悩み、スーパーに買物に行ってもカートを押しながら買物をしてて、右足が痺れて感覚が無くなり自分の足が棒見たいになり、暫く休むと元通りになりますが、夜寝てても右足の痺れが来て寝れずにいずれは手術をしないと...と考え睡眠不足になっている所に人から「病院でブロック注射をしたら楽になるよ!」とすすめられて何年間も毎週ブロック注射に通っていましたが、カーブスに通い出して3年位いしたら足の痺れが気にならなくなり、ブロック注射も2週に1度とか1ヶ月に1度とか行く回数がへり、気がついたら全く痺れを感じ無くなり、ここ数年はブロック注射もしていません!
友達と日帰りツアーで美味しい物を食べに行ったりも出来て以前の私だったらツアーを誘われても歩け無いから断わってて、すぐに腰をおろす場所を探して暫らくは動けませんでしたが先日友達とツアー参加したら友達が「あら!足立さん、今日良く歩いたネ!足は大丈夫なの!?」聞かれて全く友達の声掛けには?????でしたが、ふと気がつき「あ!本当やね!足は痺れて無いわ!大丈夫やわ♪」言って友達もビックリしてました。
本人も気がつかなかったのに...
いつしか治っているなんて!でも無理はしないように心掛けてはいます!
ツアーで楽しい一時が過ごせるようになり、まだまだ美味しい物を食べに行きます。
カーブス歴6年目に入りスクワット等の色々日頃使わない筋肉を筋トレで鍛えられたお陰です!!
お医者さんからも「無理無く、スクワットとか歩くと良くなるからネ!」言って下さった通りで今になって手術をしなくて良かったと思います。

感動したら、シェアボタンを押してください