カーブスエッセイ大賞2020結果発表

作品詳細

入賞

「未来への挑戦」

広子様(54歳) カーブス名寄(カーブス歴:0年11ヵ月)

初めまして。私は去年5月からカーブスに入会しました。
今、思えば、入会案内で声を掛けられた事もあったなぁ~。その時は、他人事のように思っていた自分がいました。
私は20代の頃、バトミントンで前十字靭帯損傷で移植手術をしました。
その後も半月板など何度も手術しました。
リハビリの大変さも知っているつもりです。だからこそ筋肉の大切さもわかっているつもりでした。
スポーツが好きでマラソン・バレーボールを続けていました。
しかし、だんだんと長く走る事が出来なくなってここ何年間はマラソン大会も参加していません。
それでもママさんバレーは続けて来ました。バレーが好きなのもありますがなんといってもチームメートのつながりと支えがあるからです。
去年ヒザの調子が悪くて両ヒザを検査しました
そこには手術した靭帯は両方ありませんでした"ショック"正座できない曲げれない・・・どうすることも出来ないのか"不安"そして、何十年も変わらなかった体重の増加"ガッカリ""加齢"・・・・
しかし、年令のせいにしてられない。だって何の努力もしてない自分がそこにいたからです。
そんな時広告にカーブス体験のチラシが入ってきました。
スポーツしてるから体力には自信があるから私にはカーブスは関係ないなんて思っていましたが自分の現実を見るために体験してみる事にしました。
行ってみると、30代から70代くらいの人がガンバっている姿"すごいなぁ~"体験してみて自分が思っているほど筋肉もなくて~これが現実か・・・・・くやしい。そんな気持ちになりました。
入会してからの私はプール、バレー充実した1年でした。体重もおちつき体力や体のラインも前よりスッキリしました。
メンバーさん、トレーナーさんに会える楽しみも出来ました。

私の目標はバレーボールを生涯スポーツとして続けていくことです。
しかし、今の私はカーブスも生涯続けて行きたい。
もうひとつの目標・・・挑戦です。
これからも自分のペースでがんばります。
10年、20年後の自分が今から楽しみです。

カーブスに出会えてよかった。
"ありがとう"

感動したら、シェアボタンを押してください