カーブスエッセイ大賞2020結果発表

作品詳細

佳作

「ゆるくない」

哲子様(61歳) カーブスフレスポ函館戸倉(カーブス歴:2年3ヵ月)

 私がカーブスに入会したのは2017年12月。
持病があるので、少しでも良くなりたいと思ったからです。
そのためには、減量が必要不可欠なのですが、自分の力だけでは限界を感じていたのでどうすれば減量出来るのか考えていました。
 友人がカーブスに入会していることを教えてくれました。仕事の時間帯がカーブスの時間帯と合わないので、1か月に1回か2回しか行けないけれども続けて行きたいと話してくれました。姉が肩の痛みがあったのでカーブスに行ったら肩の痛みが良くなったことも教えてくれました。
 それじゃ私もカーブスに行ってみようかなぁと思い立って無料体験に行きました。一回だけの無料体験で入会を決めるのは難しいなぁと感じましたが、今、やるかやらないか決断するだけなんだなぁと思ったので入会することにしました。
 入会した頃は、職場が遠かったので仕事が休みの日しか行けませんでしたので限られた回数でしたが、それでも所属変更はしませんでした。通っていたカーブスの近くに職場を変えることにしました。カーブスに行く回数が2倍近くにふえました。カーブスに行って30分間運動することでストレス解消になっているなぁと感じています。集中して運動が出来ているなぁと思います。コーチの指導を受けながら「ゆるくない」と言いながら運動を続けています。30分間長いなぁと感じる時とそうでもないなぁと思う時もあります。
 新型コロナウイルス感染が勃発して、緊急事態宣言が発令されたり、3月9日から3月14日迄全国のカーブスが一斉休業になりました。新型コロナウイルスが感染拡大しないように取り組まなければ終息出来ない情況になって来ました。今年7月開催予定の東京オリンピックの開催が危ぶまれている情況の中で、今私が感じていることは、人間にとって一番大事なのは健康である!ということです。
 女性よ!健康を保持増進するために24時間の中の30分間をカーブスで真剣に運動しようと呼び掛けたいです。
 私はカーブスで2年3か月運動を続けて来ました。2020年1月2月のカーブスプリンセスにあたって、コーチと共に目標を決めて、方法を決めて取り組んで、成果を上げることが出来ました。持病が改善されて来ました。凄いなぁと思います。あきらめなければ願いは叶うと言われていますが、本当だなぁと実感しました。
 人間にとって一番大切なのは健康だから、まずカーブスに来て無料体験をしてほしいと伝え続けていますが、今まで2名だけ無料体験して入会してくれました。体験=入会と考えないで、体力測定=健康相談と考えてほしいなぁと願っています。
 生きているといろんなことが起こるのですが、新型コロナウイルスは夢にも思わなかった異常事態です。今、この時にストレスをためないようにすることと、免疫力を高めることが有効だとコーチから教えてもらってので、他の方々にも伝えながら実践して行きます。

感動したら、シェアボタンを押してください