第2回カーブスエッセイ大賞 結果発表

作品詳細

「娘になる時、妹になる時」

石井里也子様(29歳) カーブス東仙台(カーブス歴:6か月)

 

 「いつも元気ねー」
 「本当に明るいわねー」
 「今日も一緒に(ワークアウト)出来るね」
 いつもメンバーのみなさんは、やさしい言葉をかけてくれます。
 カーブス幸町店から、新店舗となる東仙台店へ移籍して3ケ月が経ち、東仙台店の雰囲気にもすっかり慣れました。そして、前から東仙台店でワークアウトをしてきた方々にも顔を覚えてもらう事が出来、声をかけてもらえるようにもなりました。
 先日も、「いつも元気だよねー、カーブスに入ってどの位?いつも楽しそうにワークアウトしてるから、顔覚えちゃった。」と移動前の東仙台店から、新店舗の東仙台店へ移籍してきた方に声をかけて頂きました。数回しか一緒にワークアウトをした事がなかった方だったので、私の事を覚えてくれていた事と、声をかけてもらい、ちょっとしたおしゃべりがすごくうれしかったんです。
 幸町店から移籍してきたメンバーさんには、
 「新店舗に慣れた?あなたは大丈夫そうよねー」
 「何のとまどいもなく、こっちの店舗にも慣れちゃった感じねー(笑)」と言われてはいましたが、私自身は、移籍に関して不安だらけだったんです。
 東仙台店のリニューアルオープン2日目。何とも言えないドキドキで行った、東仙台店、出迎えてくれたのは、店長さんのやさしい笑顔と、スタッフさんたちのあたたかい言葉、そして楽しそうにワークアウトをする、メンバーさんの姿でした。そう、私の不安や心配は無用でした(笑)
 そんな私のカーブス自慢は、メンバーさんに顔を覚えてもらえる速さです。カーブスに入会した時からそうなんですが、名前までとはいかなくとも、数回ワークアウトを一緒にすると、みなさん私の事を覚えてくれるんです。そして、すぐに娘のように、妹のように可愛がってくださるんです。
 幸町店にいた時、こんな事がありました。めったにカゼなんかひかない私が、カゼをひき、ワークアウトを一ヶ月近くお休みしたんです。そんな時、スタッフの方にメンバーさん達が、
 「最近、いつもいる元気な子みないんだけどどうしたの?」とか、
 「いつも来てる子、ここんとこ来てないけど何かあったの?」と心配し、気にかけてくれていたそうなんです。その話をスタッフさんから聞いた時は、本当にうれしかったです。そして「ただいまー、カゼなおりましたー。」とワークアウトに復帰した日、ワークアウト中のメンバーの皆さんが、入り口のドアの方を振り向きましたから。「あっ帰って来た」「おかえりー」「待ってたよー」と皆さんからのあたたかい言葉もうれしかったです。
 カーブスに入って、私が一番変わった事、それは何より、笑顔が増えた事です。カーブスに行くと、気持ちがスーっと落ちついて、楽になるんです。お家に帰って来た気にもなる。そして自然と笑顔になれるんです。
 メンバーさんに言われました。
 「笑顔でいる事はいい事なんだよ、笑顔には幸せやハッピーがいっぱい集まってくるんだって」と。だから私もたくさんの幸せやハッピーをゲット出来るように、ワークアウトにも、笑顔にも、もっと磨きをかけないといけませんね。
 今の私があるのはカーブスのおかげ、カーブスにいるから様々な世代の方とお話が出来、一緒にワークアウトが出来る。私がカーブスに行ってる時間は、仕事の都合上、主に午前中、その時間は30代の主婦の方から、80代のおばあちゃんが主で、学生さんやOLさん達がいない時間。なおさらみなさんかわいがってくれるんです。友達や同世代の人達との付き合いだけでは、経験出来ない貴重な時間。本当にありがたいです。
 ついつい甘えて言っちゃうんです、メンバーさん達を、「お母さん」とか「姉さん」って。
 幸町店に入会して2年半、東仙台店に移籍して3ヶ月、ずっと幸町店でマシンの使い方の基礎を体に叩き込んでもらったおかげで、東仙台店に移籍後すぐに始めたパワーアップバージョンも楽しく出来るんだと思っています。ますます楽しいです、ワークアウト。
 いつも笑顔で迎えてくれ、沢山のサポートをしてくれる店長さんをはじめ、スタッフの方々、メンバーの皆さんには本当に感謝しています。そして東仙台店がますますステキな店舗になりますように、さらにカーブスファミリーのみなさんが、ますますステキに輝く女性になりますように願っています。
 今日もハッピーになれる、ワークアウトへ行ってきまーす!!