カーブスの感染予防対策

カーブスでは感染予防対策を徹底しています

新型コロナウイルス感染症専門家会議の提言「3つの密(※)の回避」および「新しい生活様式の実践」、ならびにフィットネス産業協会の感染予防ガイドラインに沿って、カーブスでは徹底した感染予防策を実践しています。
メンバー様に今まで以上に安心して運動をしていただける場をつくって参ります。

カーブスの感染予防対策
1.30分に1回、店内の空気を新鮮な空気に入れ替え
2.ゆったり運動スペース、横は1メートル、縦は2メートル以上離れて運動
3.感染予防をしながら楽しく運動!の工夫がいっぱい

※開けっぱなしにするより効率よく空気の入れ替えができます。

※3つの密とは、新型コロナウイルス専門家会議発表の『クラスター(集団感染)が発生しやすい3つの条件(①換気の悪い密閉空間、②多くの人が密集する場所、③近距離での密接した会話)の重なり』のこと。

※新型コロナウイルスに感染した場合に重症化するリスクの高い方には、「特別休会制度」により、一定期間お休みをしていただくようにお願いしています。

カーブスの感染予防対策

新型コロナウイルス感染症専門家会議の提言「3つの密の回避」および「新しい生活様式の実践」に合わせ、また、(一社)フィットネス産業協会の感染予防ガイドラインに沿って、カーブスでは徹底した感染予防策を実践しています。
今まで以上に安心して運動をしていただける場をつくって参ります。

『3つの密:クラスター(集団感染)が発生しやすい3つの条件の重なり』
以下の3つの条件が同時にそろう場所や場面において集団感染が発生しやすい
(1)換気の悪い密閉空間(密閉)
(2)多くの人が密集(密集)
(3)近距離での会話や発声(密接)

1「3つの密(クラスター<集団感染>が発生しやすい3つの条件の重なり)」への対応

従来においても「3つの条件」が重なることはほぼありませんでしたが、さらなる感染予防、安全性の向上のために3つの条件それぞれが発生しない対策を講じています。

(1)換気の徹底をしています。 ~30分間に1回、室内の空気を外の空気と入れ替え

(2)運動中の人と人の間隔が必ず横1メートル以上、縦2メートル以上になる運動器具の配置と店舗レイアウトにしています。

(3)インストラクターは常時マスクをし、お客様の体に触れない運動指導をしています。
また、お客様も運動中の会話は控えていただいております。

2店内での感染予防について(標準感染予防策)

1)コーチ(インストラクター)の感染予防について

2)クラブ内での感染予防について

3)会員様にお取り組みいただいていること

3感染による重症化リスクが高い方への対応

厚労省基準をもとに医師と相談し、重症化リスク基準を設定。重症化リスクの高い方の保護のため、「新型コロナウイルス特別休会制度」を運用しています。

4免疫力向上について

感染症を発症しない・重症化しないためには「免疫力を高める」ことがとても大切です。免疫力を高めるうえで、運動は非常に重要な役割を担っています。「感染が広がっているこの時期だからこそ、運動をして免疫力を高めたい」「筋トレと有酸素運動が30分でできるカーブスの運動を続けたい」という会員様のお声もたくさんいただいております。その想いに応えるためにも、カーブスは運動ができる場を守って参ります。

令和2年5月
株式会社カーブスジャパン