カーブスエッセイ大賞2018結果発表

作品詳細

佳作

「私がカーブスを続ける理由」

幸子様(63歳) カーブス若江岩田(カーブス歴:6年7ヵ月)

 私がカーブスに入会したきっかけは、カーブスの前で、偶然、友人と会った事。いろいろと話を聞くうちに、その足で、友人に紹介してもらい、説明を聞いていました。一週間の無料体験の後、入会しましたが、いつまで続くか不安でしたので、一カ月ごとに月謝を払っていましたが、年払いがあると聞き、頑張れそうだと思い、年払いにしました。それから、本当に早いもので、六年と半年が、たちました。もうすぐ、来店回数が1500回にも、近づいて来ていると思います。1500回と言えば、簡単ですが、自分で自分を誉める事の出来る回数だと思います。密かな私の自慢です。
 今では、カーブスの10時の開始に合わせて日常生活を送っています。私の生活の一部ですね。すっかり、カーブスに馴じんでいます。
 七年も月日がたつと、本当に一年一年いろいろな事があります。いつも振り返るとカーブスに励まされて、頑張れたと思う事が、一杯ありました。一昨年も、母が、(91才になり、数年前では、私達や孫と旅行をしたりと元気でしたが、この数年、本当に体も心も弱くなり、よく弱音をはいたり、愚痴を言ったりします。)圧迫骨折となり、動けなくなり、それも少し良くなり、一安心していました。が、また今年に入り、夜中に目覚めた時に、フラフラとして、仏壇の前に置いてあった小さな机の角に、いやというほど、腰・胸をぶつけ、また歩行困難となり、二カ月間大変でした。入院こそしませんでしたが、家に居ましたので、多くの手助けが必要となりました。母は、妹夫婦、孫夫婦、ひ孫と賑やかに同居していますが、日中は一人でした。最初の頃は、頻繁に行っていましたが、最近は、週に三回程、行っています。10時から、カーブスで、ひと汗かき、それから、実家へと。実家と私の家は、自転車で、30分程、その丁度、半分の所にカーブスがあり、気分転換とエネルギー補充して、いざ出陣!!という感じ。これって、理想的だと思いませんか?!
 自分の為に家族の為に、せっせ、せっせと、筋肉貯金に励んでいます。つくづく自分だけでは、どうしようもない事が、世の中にはあると感じています。
 筋肉貯金をして、旅行したり、孫と遊んだり、そして、そして、何よりも、若くて、生き生きとした女性で、いたいと思います。落ち込んでいる時も、カーブスで、ひと汗かいて、気分すっきりして、出かけます。本当に、その効果は、すごいですね!
 いつものように、カーブスのお友達と、あいさつを交わし、冗談を言い、情報交換してと、少し間、おしゃべりを楽しみ...、たまには、お茶でも...と。これも、長い間、カーブスに通っているおかげと喜んでいます。
 スタッフが、いつも元気に「幸子さん」と呼んで下さり、(始めは、気恥かしく、今は嬉しい)元気で、あいさつをして下さり、また、いろいろとアドバイスも下さり、本当に日々、感謝です。人に感謝出来るのは幸せな事です。  日々、カーブスに通える事にも感謝です。これからも、私は一日でも、長くカーブスに通い、健康でいる事に感謝したいです。
   カーブス、ありがとう
   これからもよろしく

感動したら、シェアボタンを押してください