代表ごあいさつ

代表取締役会長兼CEO 増本 岳

「世界最速で成長をしているフィットネスチェーンがある」。

2004年にカーブスを知り、米国を訪れました。女性だけ、30分、
低価格。安くて便利なフィットネスだから繁盛をしているのだろう、
ユニークなビジネスモデルだ・・・。
しかし、私が見た実際のカーブスは違いました。

行く店、行く店で聞くお客様の感動の声。

「高血圧が良くなったの。カーブスは私の命を助けてくれた場所。」

「杖なしで歩けなかった私が自分の足で歩いて、今では旅行だって楽しめる。ここは私の人生を変えてくれた場所。」

そして、カーブスが、幼いころ糖尿病で母親を亡くした創業者の「母のような人を助けたい」という想いからスタートをした特別なフィットネスクラブであることを知りました。

日本でもカーブスを必要としている女性が数多くいるはずだ。高齢化社会を迎える日本に必ず必要な場所に
なるはずだ。その想い一心で、日本での事業展開権利を取得、2005年カーブスジャパンを創業しました。
 カーブスは運動を通じて人生を変えるパワーのある場所。独自の優れた運動プログラムとインストラクターの
心温まるサポート、そして、女性同士が支え合うコミュニティ。
運動を始めて続けることで、人の体は健康を取り戻し、心が元気になり、人生が大きく変わっていく。人の体が
本来持っている素晴らしい力と、この仕事の素晴らしさを多くのお客様から教えていただいてきました。

あの時から、9年がたちカーブスは日本全国1,400店舗、60万人を超える会員様に通っていただく、日本有数の
健康施設となりました。しかし、この事業にかける想いは創業から変わっていません。いえ、ますます深くなる
ばかりです。
 お客様の豊かな人生のために精一杯のサポートをすること。人を助ける喜びを自分の喜びにできる人達と
世のため人のために仕事をすること。
そして、「病気と介護の不安のない高齢化社会をつくる」こと。
 私達の挑戦はこれからも続きます。

代表取締役会長兼CEO 増本 岳

<私達の使命>

私達は、
正しい運動習慣を広めることを通じて、
お客様と私達自身の豊かな人生と
社会の問題の解決を実現します。