HOME > カーブスお客様の声 > ダイエットに成功したい!

ダイエットに成功したい!

ダイエットに成功したい シェイプアップしたい! 生活習慣病が心配 体力をつけて健康に 好きなスポーツを一生続けたい!

11ヶ月で7.8キロも減りました!

「6ヶ月目から体重が減りはじめ、11ヶ月で7.8キロも減りました。無理なく体重が落ちたことに驚いています。筋肉がついて基礎代謝があがったからでしょうね。ウエストサイズも13センチも減って好きな服を着ておしゃれができるのが嬉しいです。カーブスの運動は一回たったの30分だからふだんの生活でできるし、楽しい音楽にあわせていつの間にか体が動いてしまいますよね。お友達に誘われて入ったのですが、今は私がほかの人を誘っています。」 (れいこさん 49歳)

基礎代謝をあげて「太り体質」から「やせ体質」に

「ダイエットをしてもリバウンドをして前によりも体重が増えてしまった。」 「食べる量は変わっていないのに、前よりも太りやすくなった。」

こんな声を良く耳にします。何故、こんなことが起きるのでしょうか?
それは体の中の仕組み、基礎代謝にあります。

 基礎代謝とは、私たちが生きていくうえで、最低限使われるエネルギー代謝のこと。呼吸や内臓の消化・吸収などに使われ、眠っているときも消費されています。実は1日の消費エネルギーのうち、5〜6割を占めるのが基礎代謝。無意識のうちに消費できるエネルギーですから、これが多いか少ないかで、余分な脂肪を効率よく燃やせるかが決まります。

pagetop

基礎代謝の秘密は筋肉にあった

この大事な基礎代謝を担っているのが、筋肉。つまり筋肉が多いと基礎代謝が高く、筋肉が少ないと基礎代謝が低いということに。同じ量を食べているのに太りやすい人と太らない人との差は、筋肉量の差だったのです。

pagetop

リバウンドの悲劇

 苦しい食事制限をしてダイエットしたのに、また体重が増えてしまう。こんなリバウンドが起きる秘密も実は基礎代謝と筋肉にあります。食事制限のダイエットは、脂肪も減らしますが、一緒に筋肉も減らしてしまいます。落ちた体重の40%〜60%は筋肉が減っているのです。

筋肉が減るとどうなるのか?そう、脂肪燃焼に一番大切な基礎代謝が落ちてしまうのです。だからダイエットをする前よりも脂肪を燃焼できない「太り体質」になっています。その体で食事をもとに戻すと?ダイエット前よりも脂肪がついて体重が増えてしまうのです。

pagetop

筋肉は毎年1%ずつ減っていく

女性はホルモンの関係で、20歳代後半から毎年1%ずつ筋肉量が減っていきます。ですから、知らないうちに基礎代謝が落ちていくのです。気づかないうちに、体の中が変わり、「太り体質」に。昔よりも太りやすくなった。余分なお肉がつきやすくなったのは、これが原因です。

pagetop

「やせ体質」をつくるダイエット

ですから、筋肉をしっかり鍛えて、筋肉を増やし、基礎代謝をあげていくことが一番効果のあるダイエットなのです。カーブスの新しい有酸素運動〜カーブス・ワークアウト〜は、筋力トレーニングと有酸素運動を組み合わせ、もっとも効果的に運動中の脂肪燃焼をうながし、基礎代謝をたかめて、「やせ体質」にあなたを変えていきます。

pagetop

カーブスの効果は科学的に証明されています

エクササイズ科学の世界的権威である米国ベイラー大学で新しい有酸素運動(カーブスワークアウト)の研究がされました。ベイラー大学エクササイズ科学研究所 クレイダー教授によれば『有酸素運動と筋力トレーニングを交互にするカーブスワークアウトは、一般の有酸素運動に比べて3倍以上の脂肪燃焼効果があることがわかっています。

また、カーブスワークアウトによって、体脂肪の減少による減量、基礎代謝があがり痩せやすい体になることが科学的に証明されました。』との見解が。また、減量効果だけではなく、メタボリックシンドロームなど生活習慣病の予防にも効果があることがわかっています。
「カーブスワークアウトによってい、心肺機能の強化や血圧の低下、悪玉コレステロールの改善などに効果があることが判明しています」 (ベイラー大学 クレイダー教授)

pagetop

ダイエットに成功したい シェイプアップしたい! 生活習慣病が心配 体力をつけて健康に 好きなスポーツを一生続けたい!
カーブスお客様の声!

あなたの街のカーブスを早速探す!