カーブスエッセイ大賞2019結果発表

作品詳細

佳作

「私の宝物」

昕子様(75歳) カーブス土岐泉(カーブス歴:1年2ヵ月)

ダイヤモンドや金、銀などの宝石は、高いお金を出せば手に入れる事ができるもの。
 でも、お金を出しても買う事の出来ないものは、沢山あります。
 例えば、友情、健康、そして何よりも、生命そのものは、どんなにお金を積んでも、買う事は出来ません。
 健康は、器具を揃えれば、体力づくり、筋力づくりはある程度出来るでしょう。
 生あるすべてのものが平等に迎える終末、どんな終末を迎えたいか、私たちは考えます。特に、高期高齢者になると切実です。
"ピンピンコロリンって逝きたいね"誰もが願う事ですが、明日の事はわかりません。
 一年前の二月、友人から、"カーブスの無料体験があるから行ってみない?"
 私は、無料という言葉に抵抗があり、二度程断ったような気がしますが、親切に何度も誘って下さるので、(行ってみようか)という気もちにかわりました。
 "昕子さん、筋力測定してみましょうか"といわれて測定しました。
 "昕子さん、筋力が落ちているね"
 当時七十四才、どれ位落ちていたのか覚えがありませんが、日頃よく動いているし、自宅にある運動器具でたまに運動していたので、驚きでした。ショックを受けて、自分からお願いして入会しました。
 彼女のおかげで筋力の弱さに気づく事ができました。
(よし!一年まずは頑張ってみよう)一年頑張りました。
 最初はなかなか汗が出ませんでしたが、十月頃から汗がしっかり出るようになりました。そして、運動したあと、体験した人しか味わう事のできないそうかい感、一週間に、二~三回しか行けませんが、やっているうちに体力、筋力がついてきて、帰り道はストレスも消えて、心身共に軽やかです。
 右ひざが痛くて(それでも病院へは行かない)階段の上り下りが大変です。でも、カーブスで運動すると不思議に、ひざの痛みが和らぐのです。これは大きな収穫です。
(今日もカーブスのおかげでひざが楽になった!)感謝する瞬間です。
 そして、ここに来なかったらまず会わなかった人との出合い。
 最初は名前がよく似ていたので、ストレッチをやりながらおしゃべりしてましたが、私の家の近くに、私が引っ越してくる前に住んでいた人だったので、びっくりです。電話番号を交換してたまにお茶しますが、人生経験が豊かな人で、話していて勉強になります。カーブスに行くようになっての出合い、本当によかったな、と思います。
 一年通って手に入れた宝物
 一つ目は、体力筋力の増加です。計算された器具での体力づくりは、やはり、全身をきちんと無理なく、無駄なくきたえてくれます。
 土岐のカーブスには九十四才の方がタクシーでいらっしゃるとききました。私はお会いした事がありませんが、タクシーを使ってまでも行きたい気もちにさせる魅力があるということです。見えないけれども、確実に筋力づくりをサポートしてくれます。
 そして、二つ目の宝物は、友だちです。ここに来なかったら会う事のなかった友だち、何回も誘ってくれた友だち、カーブスに来て本当によかった、と思います。感謝!!
 スタッフの元気いっぱいの笑顔と声、又、いろいろな人たちと交す会話も楽しみの一つです。
 必らず訪れる終末、これからどんな人生が待っているかわかりません。
 でも、カーブスできたえる事によって、ねたきりにはならないだろうな、と思っています。まずは一年と、始めたカーブスですが、続けられるだけ続けようと思います。おかげでひざもよくなりました。
 二つの宝物を得る事のできたカーブスですが、私にとって、カーブスそのものが、私の生命を守り育ててくれる宝物かもしれない、と思うようになりました。
 二つの宝物を書きましたが、続けているうちに、宝物がふえると信じ、楽しみにしています。

感動したら、シェアボタンを押してください