カーブスエッセイ大賞2019結果発表

作品詳細

佳作

「私がカーブスを続ける理由」

亜紀様(42歳) カーブス高崎はなみずき(カーブス歴:10年9ヵ月)

こんにちは。
ついにカーブス通い11年になります。
プラチナカード、GETです♡
5年以上前に母の誕生日にカーブス体験をプレゼントし、母もゴールドカード。
1人暮らし、70才になる母は、週3~4日通い、カーブス仲間とランチしたりとても元気で、私もとてもうれしく思います。
私は、学生の頃も、子供産む前も、運動が苦手で、食べて、のんで、ねて、家の中でゲームしたり、仕事は夜中心でした。
となると、当然、生活も乱れ、不摂生な毎日。
筋力は全くなくて、体力もなく、つかれやすく病気がちになり、見た目も、「女性」として、みれたモノではありません。
仕事で、人と接するものの、それ以外は、基本「ひとり」の世界なので コミュニケーション能力にも欠け、いわゆる情緒不安定凸凹な、精神、うつ?にも、なっていきます。
ひと(他人)に、イラつく、ひとにばかり不安を抱く。
全てにおいて悪循環。
結婚し、子どもを産んで、幸せなのに、いつも、不安定。
カーブスに行くきっかけは、私と同じく運動は好まず「ひとり」が好きな知人のすすめ。
初めてのカーブス体験では スタッフに悪態ついて「運動キライ」「したくない」「めんどう」「時間ない」「お金ない」と、ことわってきました。
その1年後、諸事情があり 私はシングルマザーになりました。しばらくふさぎこみ、家のこと、子のこと、すっかり放置でした・・・。経済的面も考え、再婚、婚活しようとふと思い、鏡をみたらそこには、ブヨブヨ不細工な『おばさん』がうつっていました。
今までも、周りと比べ、なんでこんな体型で、不細工か。おちこむことは多々ありましたが、私は私だし不自由もない。と、さほど気にしていなかったのです。
不健康(身体もココロも)で、こんなんでこの先生きていて楽しいのか?・・・・何もイイコトない。とりあえず、2回目の体験に行きました。
そして前回同様悪態をついてきました。←イヤな奴。
しかし、私の中で ほんの少しの、変わりたい変わろうという思いと笑明で明るいスタッフの対応で、しぶしぶ(笑)入会。
こりもせず、私はイヤな態度をとり続け、通うのも、おっくうで。他メンバーさんとも関わりたくなく、明るい笑顔のスタッフにもイラついて←本当イヤな奴。
半年以上過ぎた頃、体は変化しました。
すると、どうでしょう、だんだん人と接するコトは楽しいと感じ、1年以上過ぎ、2年・・・リバウンドもありつつも。カーブスは生活の一部になっていました。
スタッフ、メンバーさん、色々な人に接し、私も笑顔が自然になりました。
そして、ひと(他人)のせいにする不満の気持ちもうすくなっていきました。
私の知人友人、周りは同じような環境の似た人たちが居ます。
前はたまに連絡とったり会ったりしても、一緒になってネガティブになって、むしろ批評したり。
ここ何年かで。そんな知人友人がなんにんか亡くなりました。ついこの間まで連絡やりとりしていたのに。
私は、私みたいな悪循環で、「ひとり」で居る人に是非、カーブスにきてほしい と思うのです。体が変わるだけでなく、ココロもこんなに変わるコト。
亡くなった人たちにもっと、すすめれば良かったと。
私の知人友人、周りの人で、病気なく、健康で、毎日せわしく生活している人にも、是非カーブスにきてほしいと思います。
いつもカーブスの話をします。
「めんどう」「時間ない」「お金ない」と返ってきます。
私のように身体やココロを病んだことなく健康だから、困る事は無いので、そう云うのだと思います。
今年11年になりますが、過去を知る人は、会うたびいつも身体keepしていて明るいね、とほめてくれます。
過去を知らない人も、その体型維持と笑顔パワーの秘訣は何?と不思議がられます。
"当たり前の有り難み"。有る事が難しく、当たり前でない想い、気持ち。感謝 をこめて、(まとまらない内容ですが。)カーブスにであえて、通えて、とても幸せにおもいます。

感動したら、シェアボタンを押してください