カーブスエッセイ大賞2019結果発表

作品詳細

佳作

「私がカーブスを続ける理由」

直子様(64歳) カーブスパティオ可児(カーブス歴:2年3ヵ月)

 カーブスへ通って2年と少し、去年もエッセイを書きましたが、もう書く事は、ないと思っていました。
 が12月終り頃から今年の1月2月と足の膝(左足)の内側が痛くなって、足を引きずって、仕事をしたりカーブスへ行ってもひざが痛くて、足をひろげる運動が、できないほどに、なりました。
 病院の整形へ行ったり針灸へ行ったりしました。2月一ぱい休む一時退会手続きをした次の日、針灸の先生にすごい回復力と驚かれ、あまりかばいすぎたら、いけない、大事にしすぎては、いけないと言われ、その夕方仕事帰りカーブスへ行き、休むのを断わりました。それまで毎日通っていたのでたまに、しか行けなくなりましたが、毎日通っていたのが良くて早く治ってきたのだと思います。
 コーチ、店長が、私が暗くなったの見て「心配したよ。本当に心配したよ。」と言ってくれたり温かく見守って下さり痛い所はやらないようにと言われ、私も本当に、うれしかったです。右足が外反母指なのをかばって左足が痛くなったと針灸の先生に言われ、軽いから、ちゃんと治ると言われ、初めは、足が痛くて寝ていても、どこに足をやれば痛くないかと落ちついて寝れなかったのに、今は、だいぶ良くなりました。
 朝のテレビ体操をすわって、やってみましたが、足をかばわないように立ってやってみました。足が痛いと精神的にも、えらくなって、寝ている事が多かったのですが、除々に良くなってきました。
 ピアノの先生も筋肉をつけるしかないそうだと聞き、カーブスをやり続けるつもりです。
 店長も長い間には、いろんな事が起きるものだけど乗り越えなければと言われました。
 暗かった私が前向きになって明るくなると喜こんで下さいました
 一周だけやってストレッチをやって帰って来たりしています。
これからもよろしくお願いします。
こんな文章でも誰かの為になったらと思い筆を置きます。ありがとうございました。

感動したら、シェアボタンを押してください