カーブスエッセイ大賞2018結果発表

作品詳細

佳作

「要介護3が要支援1に」

光子様(75歳) カーブス大阪湯里(カーブス歴:3年1ヵ月)

2013年自宅で意識不明で27時間倒れたまま即入院。退院後、要介護3を受け1人での生活に自信が無くなり介護付老人ホームに入居。
2年後の4月カーブスに入会。受付の人の優しい言葉は嬉しかったが、歩行もマシンも思うように動かなく惨めな気持になる時コーチや会員の人達の励ましで丸3年が過ぎました。
現在体重は6kg増になりましたが筋肉がついて来て、太った感じは無く徒歩で週3回以上はカーブスへ通っています。皆さんに「老人ホームから来ているなんて思えない。元気になったね」と言ってもらえます。

毎日、部屋でのストレッチも頑張っていますので今年は支援1が自立になるかも?楽しみです。
でも慢性腎不全と心不全では2度手術を受けているので無理かしら......
 暑さ、寒さに負けずカーブスは続けます。

感動したら、シェアボタンを押してください