カーブスエッセイ大賞2018結果発表

作品詳細

佳作

「カーブスへのおもい」

亜紀様(41歳) カーブス高崎はなみずき(カーブス歴:9年10ヵ月)

今日は、内科、あさっては整形外科...。
ああ、もう今週の薬がなくなった。。。

こどもの頃から運動が苦手で、そのうえインドア派。食べるコト大好き。
そんな私は、20才半ば頃から頭痛、腰痛、便秘等、不健康で、毎日のように病院通い。毎日いろいろな薬も飲んで。好き勝手不規則な生活、運動不足で心身ともに「マイナスのかたまり」でした。

現在。「あ、今日もカーブスに行こう。」「それからヨガして...。ウォーキングもしたいなあ」そんな毎日。体調管理、チェックかねて月1病院。服用する薬は10分の1になりました。

心身とも「マイナスのかたまり」でしたので、周りに対しても無愛想。ひねくれ者。人と接する事が苦手で、人とコミュニケーションをとる仕事をしていないと、ひきこもりの暗―い人間に落ちてしまいそうで、仕事はいつも接客を選んでしていました(現在進行形)。

職場の人間関係も不器用で。対、お客様に対してもあせってばかりで。
交友関係もかなりせまくて(自業自得...。)よく知らない人と一緒に居るのが辛くて。。。

現在。パートをつとめて10年になり。カーブスも10年になります。私(じぶん)が変わったからなのか、親しくできる友人もできました。周りの人の心あたたまる支えのおかげです。
とともに、私を知る人達には、『すごく明るく元気になった。』と云われます。それと、みため、体。『ひきしまってシュッとしているネ』とほめられます。
細かーいコトに固執執着しすぎなくなりました。ヒトはヒト。自分は自分。
なんで自分をわかってくれないの、理解してよ!というおしつけもなくなりました。トシをとったから等もありますが。そんなうまくいくわけがない なんで自分だけこんなに不幸か。そんな考え方もなくなりました。

継続は力なり。今までイヤなことがあると、すぐにあきらめ、にげていました。 続けるコト。続ければ変われるコト。自分が変わるとみえる世界も変わるコト。健康が大切なコト。カーブスに出会え続けているから気づけました。

感動したら、シェアボタンを押してください