カーブスエッセイ大賞2018結果発表

作品詳細

佳作

「カーブスは元気の源」

まりりん様(58歳) カーブス弥刀コノミヤ(カーブス歴:3年8ヵ月)

「やったー」今年も、カーブスプリンセスが終わりました。私達のチームダイヤモンドが優勝です。プリンセスの期間の間は、「今日は成果交流に何を書こうかな」と考えるのもひとつの楽しみです。「汗をかくようになった」「駅では、階段を使うようになった」「走ってもしんどく無くなった」「爪がよくのびるようになった」「かかとがつるつるになった」「白髪が減った」と次から次へと沸いてきます。知らないメンバーさんとの成果交流も楽しいものです。「何を書こうかな」、「汗かいてるよ」と言うと「それは昨日書いたからダメ」とワイワイ話ながら、一緒に考えることもあります。又一度成果交流をしますと次からは挨拶し、友達となり、輪が広がってきました。
 私がカーブスに入会したのは、2014年9月です。入会して4年目になります。高齢者施設に勤める仕事で、健康管理の為と軽い気持ちで始めました。駅前のスーパーの上だったこともあり通うのに便利だったので、自分から教室の戸を叩きました。離職率の高い職場で、ストレスも多く、精神的につらい事も多いですが、いやな事があっても、体を動かし少し愚痴を言うだけでいいストレスも解消になっています。同じ業界に勤務している相談できる仲間も出来、仕事の相談、転職の相談もしました。
 継続は力なりです。最初はどのマシンも「チェンジはまだかな」30秒続けるのが大変でしたが今は、「もう、チェンジ」と思えるようになってきました。又、最初から腹圧をいれましょうと言われた「腹圧」も最近やっとわかるようになってきました。脈もいつも、「赤」です。と恥ずかしいくらい、上がりませんでしたが、最近は安定して「黄色」になっています。本当に石の上にも3年だなと思います。
 半年前、転職し、帰りが遅くなり、カーブスを退会しようとコーチに相談しましたが少しの時間でも来てくださいとおっしゃってくださり、みなさんが帰る頃に入室して、5分から10分くらい運動して帰る日が続きました。汗を流すこともなく、メンバーさんとの交流や、コーチと話すこともないので、やっぱり私にとってカーブスは大切なことがわかり家族と相談して、カーブスが通える職場を探して、再びゆっくりマシンが使える時間に入ることが出来ています。
 コーチは若い方が多く、力をもらうことが出来、リズムにのった音楽とともに30分で、すっきりします。家庭の事、職場の事など気軽に話せて、良く話を聞いてくれるコーチ達、顔見知りになったメンバーさん達、カーブスは元気の源です。

感動したら、シェアボタンを押してください