カーブスエッセイ大賞2018結果発表

作品詳細

佳作

「私がカーブスを続ける理由」

輝代様(75歳) カーブスイオン築港(カーブス歴:5年10ヵ月)

北国の雪もやっと溶け着る物も春らしくなり、冬のダウンコートで隠していた体型が気になる頃になりました。
私がカーブスへ行くようになりこの7月で丸6年になります。イオン築港が開店したその日から通い始め体重も数キロ落ちました。毎日30分ほどですが続けると言う事が大事だと気づかされています。ゴールド会員にもなれましたし、これからも出来る限り通いたいです。
でも昨年4月に以前から悪かった右膝を人工関節にする手術を受けました。これからもずうっとカーブスへ行くために決断しました。入院前日までカーブスへ行き3ヶ月休む手続きをして入院手術を受けました。術後はすぐリハビリです。まだ足は腫れて2倍くらいの大きさになっていても少しずつ歩く練習です。
私は杖をつくのがとてもいやだったので一度も使わずに足を引きづってリハビリ室まで行きました。またリハビリの先生も手を振って歩きましょうと言われたので辛いリハビリも我慢しました。特に機械でするリハビリは膝を少しずつ曲げる訓練なのですが、角度を決めてスイッチを入れるとその角度まで膝を曲げるのですが、これを毎日角度は上げて行くし、30分続けなければならないのでこのリハビリが一番辛くて痛いリハビリでした。
でも1日も早く退院をしてカーブスへ行きたい一心で我慢が出来ました。それで2ヶ月半でカーブスに復帰しました。最初はマシンで出来ないものもありましたが1週間ほどですべてのマシンが使えるようになりました。やはりカーブスへ行っていたおかげだなあと思いました。
見えない所に筋肉がついていて快復が普通の人より早いとリハビリの先生にも言われました。私の家の近所に私と同じ手術を受けた人が(年令も同じ)いますがその人は未だに、杖をついています。
今の私は普通にスタスタ歩けますし、カーブスへ行くにも毎日2㎞近く歩いて行っています。これもカーブスへ行っていて良かったなあとつくづく思います。これからもがんばります。

感動したら、シェアボタンを押してください